夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2007年のはじまり、6月29日

 家を出たのは、26日の午後1時。それから数時間おきの移動を重ねて、今日ようやく(日本時間の30日)降り注ぐ雨の中、ようやくラボに到着。
 荷物も自分たちもびしょ濡れだけど、今年も無事に「夏の我が家」に帰ってきた!

雨のオルカラボ
lab2007.jpg

 今回は私、去年のアシスタントだったモモちゃん、新人アシスタントのユミちゃん、そして途中から合流した、おなじみ「ラボのベテラン」版画家のヒデさんの4人で一緒に来たが、肝心のポール・スポング博士とヘレナは親戚の結婚式のため、着いていきなりお留守番。

 私たちは博士夫妻の友人のホエールウオッチングボート「ナイアッド・エクスプローラ」に送ってもらってハンソン島入りし、大工さんのカートと、夫妻の愛犬リオに出迎えてもらった。
 もちろんポールとヘレナが留守なので、他のアシスタントはまだ、いない。
 キャンプキッチンやバスハウスなどの施設は、落ち葉やほこりなどで荒れたい放題だし、夫妻の住まいであるメインハウスでさえ、大工のカートによるリフォームが行われていて、部屋全体がおがくずだらけだ。
 これらを全て片付け、掃除し、備品を揃えてはじめてオルカラボのシーズンがスタートする。そこにオルカが加わると、ジョンストン海峡の夏が始まる。

 日本人4人だけでのシーズン・スタート。雨に打たれつつ荷物をボートから下ろし、濡れない所へ移動させ、食べ物をクーラーボックスに詰め、ラボ(研究所)へ行き、3ページにもわたるポールとヘレナからの書き置きに目を通してふたりがいない間の仕事を確認し、やっとひと息つくと、「ポールから電話がかかってきたよ」と、カートが教えにきてくれた。

 仕事の内容を指示してある書き置きを残してあるのに、旅行先からわざわざ電話をかけてくるということは、何か重要な用事だろうか。
 私は急いで電話のもとへ走り、カートが書き留めてくれたホテルの番号に電話をした。
 ポールはすぐに出た。

 「ハーイ、トモコ。全員無事に着いたかい?」
電話の向こうのポールはとても上機嫌だった。後ろからヘレナの笑い声が聞こえた。
ポール「ラボの中に仕事の内容を書いておいたメモを残してきたから、まずそれを見てほしいんだ」
わたし「うん、もう見つけて、全員が目を通してある」
ポール「それは良かった。じゃあ、頼んでおいた仕事、とくにリオの世話はしっかりお願いするね。もう14歳の老犬だから、こまめに様子を見てあげてほしい。あと、庭の手入れも!気を抜くとすぐにナメクジが入って来るんだ。大変だよ」

ボーダーコリー×ハスキーの「オルカドッグ」リオ
2007leo.jpg

 オルカに関する仕事は「やって当たり前」なので、ひとことも触れられない。ポールはその他、紙に書いてあったことをひととおり説明し、「最後に、それには書いてないけどとても重要な仕事があるんだ」と言った。

ポール「まず、メインハウスに入って、アナ(夫妻の娘…もうずいぶん前から島を出ている)が使っていた部屋に行く。そこにテレビとビデオデッキとモデムがあるから、全てのスイッチをONにして、朝5時に録画ボタンを押してほしい。毎朝、5時だよ」
わたし「えっ、それってまさか…」
ポール「もちろん、ウインブルドンだよ!!」
わたし「…( ̄□ ̄;)」

 テニス…!!3ページにもわたる雑用と、ラボの仕事と、自分たちのセットアップもあるのに、朝5時に起きてテニスの録画ですか………。
でも、これは博士夫妻がとても楽しみにしていることだから、しょうがない。
私たちも、島ではめったに見られないテレビを見せてもらえる重要な機会だから、しょうがない…。

 外はずっと雨が降ったり止んだりの落ち着かない天気。
 私たちは夕飯にカレーを作って、カートを呼んでささやかな食事をし、リオに餌をやり、散歩をさせ、ガーデンのやわらかい葉を食べにくるシカ対策用の網を下ろして、床に着くことにした。

 オルカたちは北を少しうろうろしただけで、水中マイクのエリアまでは来なかった。
 A8sはクィーンシャーロット海峡を少しうろうろし、A12sの待つ北へと戻って行った。雨が、ラボの天井のガラス窓をいつまでも優しく叩いていた。

sunset06292007.jpg
スポンサーサイト
2007-06-30 : 未分類 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。