夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

6月22日@名古屋Diamond Hall

F.I.B不足。
F.I.B不足。

F . I . B 不 足

!!!!!!!!!!

6月7日も休んだ。6月18日は本当ならチケットあったのに貧乏すぎて休んだ。
もうだめです。限界です。しにそうです。むりです。
えっふあいびいいいいぃーーーーーーーーー!!!!!!

in 名古屋。
わたし、ちえちゃん、ゆみちゃんの3人は急ぎ足でダイアモンドホールへ。

[ SOUND MARKET 2K8 ]
UPANISAD
STEP BY STEP
7’s market
MINOR LEAGUE
Coldrain
F.I.B
UZUMAKI
ABNORMAL VOLTAGE
T.C.L
Radiots

すでに始まっていて、最後の2曲くらいしか見られなかった1番手のUPANISAD以外は、全バンドきっちり見ましたが、なにせ10バンドもあったうえに、寝てなかった&飲んでたので、ちゃんとしたレポは他のブログでもググって参考にしてください…。

会場ひろい。
広いせいなのかとりあえず音がしゃりしゃり。そりゃハコによって音はめっちゃ変わるけど、とにかくしゃりしゃり。

ひとバンドめ終わって関西から遠征してきた梅男発見。
DJ one crewのみなさんに挨拶しました。カメラマンのジョンさんもいた!!

客層さまざま。でもタトゥ入った人多かったかな…。
ロビーにはタトゥーブースやピアスの穴あけるとこもあったり。ちえちゃんは服屋さんでブランドのビーサン買ってたり。お祭り♪
うきうきのイベントだけど、不安があるとすれば、どんなに見回しても、わたしとゆみちゃん以外にF.I.BTが見つからないこと…。

最前にスタンバイ。
わたしらの他に、ピザTの女の子たちが数名来てくれた。
今日の客層ら考えて、うしろの大人見集団は、おそらくF.I.Bという名前もほとんど聞いたことないに違いない。でもF.I.B不足で目がくるくる回りそうだったわたしにはそんなことどうでもいいんです。会場だだっ広くて、最前と大人見のあいだにスペースがあって、音がしゃりしゃりでも心の中はすでにうぉーおーおーおー!!\(^o^)/

SE無しっぽいな…と思って気付いた。中途くんが…ジーンズ!?( ̄□ ̄;)
あまりにもめずらしくて「風邪か?」とムダに心配したり。笑
(あとで聞くところによると、ハーパン忘れたらしい…)

それまでのバンドが、ひとバンドにつき5曲くらいしかやってなかったので、ゆみちゃんや梅と「Interrogativeぬきの7曲くらいじゃね?」と予想してみる。

円陣組んで、拳をあわせるF.I.Bメンバー。
彼らには見えてないけど、もちろん最前組も拳だしてました。笑
Startスタート!!笑

あからさまにF.I.Bの客と思われる最前数人で顔見合わせて、
一気に高速サークルモッシュ!!
こんな広い会場なのに多く見ても15人くらいしか廻ってない。
しかしわたしは見た。大人見集団、わたしたちが廻ってるのを見て超笑顔なのを!
つっ立ってないでカモーン♪

Start From Here
NO WAR!!
Song Of Warning
KIZUNA
To Another World

たぶん時間制限もあり、ろくにMCもなくダダダッと演奏。
しかし彼ら動きあるので、ステージ広くても見映えがいいです。
ダイアモンドホールでライブしてる最中だってのに、まさかの「小さい会場のほうが好き」発言もありましたが…笑
でも「いつかまたこんな広いところでもやっていけたらな」と続けてくれました。

KIZUNA終わったところで…健太くんのドラム、チッチキチッチキ聴こえてきて…今日は曲数少ないだろうから、To Another Worldは絶対やらんと思ってたし、もうすっげー意外ですっげーびっくりして、振り返っていろんな人の顔確認してしまいました。
うぉう!! ということは今日Interrogative抜きの8曲!!

Are you standing on?
The Earth
Fill In The Blanks

左廻りだと10人以上は入ってくれるんだけど、モッシュとなるとほんと数人しか暴れてなかったなぁ!!本気出してたのはわたしと梅男くらい…。
でも、すっげー気持ちよかった。だって本当にF.I.B不足だったんです。苦しんでたんです。それがこんな広い会場で、暴れる場所もぞんぶんにもらえて…うれしいやん?
たまに最前戻ってメンバーに拳投げつつ、ときに白ビーム返されつつ笑、
これ以上ないくらいにスペース使って暴れた!!
そしたら最後… フロアライブ!! ダイアモンドホールで…!!

大人見していた皆さんには、
フロアライブっていうものが相当衝撃的だったようで…

曲がはじまると同時に、人がどどっとなだれ込んできました。激しいモッシュ!!
広いフロアの前方一気にぐちゃぐちゃになりました。
思い切り当たっていけるようになり、宙舞う人も現れ、
わたしはモッシュの渦の中に飛び込みました!!
うぉーおーおーおー\(^o^)/ !!

やっべ。
みんなクッソ笑顔。

やっぱりF.I.B不足はF.I.Bでしか満たされん。

もー、しあわせ。

終わってから、はあはあぜえぜえ言いながらドリンクもらいにいき、ゆみちゃんとふたりでフロアにぺたんと座り込んでいたら、見知らぬおねーちゃんが「すいませーんF.I.Bの物販て今日やってないんですか?」と聞いてきました。
F.I.Bはこの人に聞けばわかるて思われたほど暴れてたんやろか?笑
でも、なんかしらんけど確かにF.I.B物販始まるの遅かったんです。
まだやってないけど後でやりますよー新しいTシャツ可愛いですよーて教えてあげました。

さすがに10バンドぜんぶで身体動かすのきつかった…
なのにDJタイムでも踊る踊る踊る。
DJ one crewの選曲ってなんであんなにいいんだ?
STAY GOLD流れたあのタイミングは神がかってたー!!

Radiotsまえに、新幹線で関西まで帰るゆみちゃんと梅男は、時間がなくなって帰ってしまいました。
Radiotsすっげーかっこよかったなあ!!去年11月に見て以来だったんだけど、YOSHIYAさんめちゃくちゃいい表情してた。ステージダイブのために登ってくるお客さん抱きしめて、肩くんで一緒に歌ったり、マイク差し出したり、こんな大きな会場なのにお客さんとの距離感無しでがっちりひとつのライブ作り上げてた。 しかし彼の存在自体がパンクでした。かっこよすぎ!!

いいイベント。
体力、完全に使い果たした…!!
スポンサーサイト
2008-06-25 : ライブレポ : コメント : 0 :
Pagetop

6月10日@十三FANDANGO

[ BLEACH「気炎」ツアー ]
w/ BLEACH / detroit7

対バンのジャンルがちょっと違うので、この日は音もだちも少なめ。
というか、わたし、ゆみちゃん、白子、梅男、ユッコちゃんしかおらん…。
あといつもFANDANGOで見かける数名か。気合いが入ります。

■datroit7
SEがS.M.Nと一緒やった。
女性ギターボーカル、男性ベース、女性ドラムという編成なんですが、
女性ふたりのきれいな外見とはうらはらに、
すごくパワーあるロックバンドでかっこよかった!!
最近、こういった熱い魂をもった女性Voのバンドを見る機会にめぐまれて、
パワーのあるなしは性別関係ないとほんっっと思った。
ラストターゲットもそうだし、新潟のPIECE PILESとか、想像絶するパワーでかっこよすぎ。
こんなふうに生きられる女でありたい。

■F.I.B
さっきとはジャンルがらりと変わって2番手F.I.B。
全くジャンルが違うことや、この日は後述のBLEACHのツアーだったため、
あからさまにF.I.B目当てのお客さんと、対バン目当て人の区別がはっきりつく立ち位置になりました。
いつものF.I.B仲間が最前から中盤辺りまで集まって、
ほかのお客さんはわたしらが暴れる空間をあけて、大人見な感じ。
F.I.BT×阪神タオルの男の子発見!ついに浸透した?\(^o^)/

3バンドで持ち時間もあったので9曲でした。

NO WAR!!
Song Of Warning
Interrogative Everyday
KIZUNA
To Another World
Are you standing on?
Start From Here
The Earth
Fill In The Blanks

モッシュは10人くらい、想像してはいたものの、やっぱりF.I.Bのお客さんだけ…。
左廻りはじめて見たって人もきっといただろうな。
でも、大人見していた、パンクをよく知らないお客さんにも、F.I.Bのライブこんな楽しいんだよ、こんな笑顔になれるんだってコト、少しは伝わったと思います。

MCでも「パンクあまり聴いたことない人もいるだろうけど、俺らはこんな感じでやってます」って、
半分自己紹介みたいなこと言ってました。

あと、こないだの秋葉原の事件のことにも少し触れて、もちろん悪いのは犯人だけど、
全部が全部そいつのせいだけではなく、世の中とか時代の流れ(たぶん人間関係が希薄だったり、ネットが感情を増長させたりって意味ね)が結果そういうやつを生み出してしまうと。
だから時代の流れとか世の中とか政治とかに反論できるパンクがあって、
自分たちはパンクやってると、そのようなことを言ってました。

伝わるといいなぁ。
伝わってほしいなぁ。
どんなに何もかもがデジタル化されても、
ライブハウスには生の音があって、
大切な、人対人の空間だと思うから。

モッシュの人数は少なかったけど、全員がおそらく
「滋賀のレイザーズ行かずに十三のF.I.Bを選択した」もしくは
「夏フェスに向けて資金ためずに、対バンが別ジャンルでも今日の十三を選択した」
という、F.I.Bがないとどうにかなってしまうお客さんばっかりだったので、
モッシュやサークルモッシュは非常に激しいものでした!!
ちょっと廻りすぎじゃね?と思う瞬間もあったけど、そこはわかります…。
あれだけの人数でずっとモッシュ続けてたらシャレんならん。
サークルのほうがまだ多少は呼吸できるもんね…(;^ω^A

関西組はTo Another World聴くのが久しぶりだったらしく、
健太くんのドラムのチッチキチッチキいうのが始まった瞬間、
白子がにまーっとして、ゆみちゃんがハアアアッって感激した顔をした…笑

フロアが混み合っていなかったので中途くん何度も何度も降りてきてたなぁ。
人数少なくてもこんなぐちゃぐちゃの熱いフロア。

廻ってる全員がF.I.B愛してるという今日のフロアにいるのはすっげー楽しかったんで、
最後のFill In The Blanksでもマイクもらいにいかずに、
そのままみんなでちょー笑いあいながら、両手の拳つきあげて、

うぉーおーおーお!!\(^o^)/ うぉーおーおーおー!!

仲間っていいね。
F.I.Bのライブは余力残さないようにしてるけど、
まさか途中で「バテたのか?わたし…」て思うくらい暴れつくしたのは久しぶりかも!!

■BLEACH
海外でも活躍してる沖縄のガールズバンド、今年で結成10周年なんだって。
NEWアルバム「気炎」ツアーが今日のここ十三からスタートです。
爆音とライブパフォーマンスにただただ圧倒されました。
とくにベースの方の迫力&キレっぷりといったら!!( ̄□ ̄;)
でも、MCでしゃべると表情も一変して、
「きょうは最初っからdatroit7で、泣いてしまって…しっこ漏れそうになった」
高い声でゆっくり舌ったらずのぼてぼてとした、訛り全開の話し方なんだよ!?
可愛すぎるー!!とても同一人物とは思えん…。

お客さんは男性が多く、みなさんその場で大興奮したまま両手つきあげるような見方をしていたので、こんな凄いステージなのだからもっとぐちゃぐちゃなってもいいのになぁと思っていたら、アンコールではやっぱりぐちゃぐちゃになった笑
すばらしいライブでした!!

ふだん聴かないジャンルもこうやってみる機会があって、
新しい感動もらえるのはうれしい。

ところで!!
F.I.Bの船のほうのNew Tシャツ緑のSサイズがこの日で売り切れ。
発売したの5月末なのに…( ̄□ ̄;)
いかにF.I.B人気があがってきたかってことだよね。うれしい♪

6月末に再入荷されるみたいだけど、ご購入の方はおはやめに-☆
2008-06-11 : ライブレポ : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。