夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

3月29日@京都WHOOPEE'S [追記あり]

※いったんアップしたんだけど
接続が途中で途切れたらしく、半分しかアップされてなかったです。
今日まで気付かなかった…読んだひとごめんね(´・ω・`)

[F.I.B "FIGURE TOUR" 初日]

金沢から高速・千円で京都へ。
舞ちゃんと待ち合わせてごはんのあと、かなりレトロな喫茶店行った!
抹茶パフェ、店の雰囲気も最高でした。
でも、このころにはすでにわたしは緊張して来て、
挙動不審になってきていました。

なんてったって
2月11日ぶり…。

楽しみにしてた2月末の四国も
金銭不足でキャンセルせざるをえなかったから…。

ウーピーズはとても混んでいました。
緊張のせいか、いつにも増して鳥目がひどく、人の顔全く見えず。泣

でも、全国各地からF.I.B仲間が大集合でした。
地元の関西はもちろん、
関東組やら
名古屋組やら
北陸組やら。
遠くは秋田とか。笑
みんなパンチしかない。

わたしが固まってるので
みんなの方が次から次へと声をかけてくれましたが
めちゃくちゃ挙動不審でごめんなさい!!
緊張で心臓が口から出るかと思った。


1番手At anytime。
久しぶりのアトエニで緊張ちょっとほぐれました!
最前で。ライブもMCもすごく良かったです。
F.I.Bは…俺らがはじめて出逢った県外のバンドです、って言ってた。
きっとそれからずっと大切な仲間で、大切な時間過ごして来て、
こうやってレコ発祝ってるんやろうなあ~。
感動(´;ω;`)

リブクリはフロアの前のほうワッシャーってなった!
国際情勢と宗教問題みたいなむずかしいMCしたあとに、
「レズは美しいからいいけど、おれとコイツ(フロントふたり)が
ガチホモだったらキツイだろ?」
ごめん…想像してしまいました!笑
音はかっこいいのになんちゅうMCだ。愉快な人たちなんやね。

SPREADもこの日レコ発でした!!
ステージにはF.I.Bの旗のとなりにSPREADのが張ってあった。
後ろのほうから攻めこもうかなと思ったけど、
人が多すぎて全然見えなかったので、前行きました。
ものすごい盛り上がり!!こんなんなってるの初めて見た…。
こんなモッシュ・ダイブの嵐になると思いませんでした!!
モッシュ痛かったけどめちゃくちゃ楽しかったです。

いよいよF.I.B。

ほんとうは後ろで思い切り身体動かそうと思ってたんです。
でも今日はギュウギュウで見えないと思ったし
レコ発の初日だし、久しぶりだし、
心の中は空白だらけのスッカスカになってたから
最前ど真ん中でスタックすることにしました。

暗くなって新SE、なんか映画のはじまりみたい。

ギュウギュウの群衆が
モーゼでも現れたかのようにまっぷたつになって道ができ、
後方からメンバー登場!

いっきなりYou will be the next!!
後ろからの押しが…

はんぱない!!
ウーピーは手すりがないから、ステージに向かってふっ飛ばされました。
ダイバーに潰されながら足もとのステージのブロックでふんばって、返しスピーカーに手をついたけど、スピーカーも固定されてないから動いてしまう。やばっ。
そんなんで一瞬あせったけど…

よく考えたらずっとF.I.B見てなかったから、
こういうライブも久しぶりだったんですね。
体力も知らないうちに失ってたし、防御方法もわすれてた。
でも、このぐちゃぐちゃ感で一気に心は戻って来ました。
ずっと待っていた音の中に居るんだ。

あまりのぐちゃぐちゃ具合に、
そで近くにいたChocolate Soldier芦田さんが飛び入りセキュリティ。
動きまくって大変だった返しスピーカーを押さえてくれました。

You will be the next
I'm proud
To Hope
To Another World
Are you standing on?
As You Feel
Moments not words
Our Scenery
TANGLE
Moonlight
The earth
promised place

(この日貼られていたセトリには、本編に80%がありましたが、
 実際はアンコに移動していました)

2曲めI'm proud、ここまでアルバムの曲順で来ました。
こんなことされるとフロアもあがり狂いますよね。
ふんばってもふんばっても前につぶされて

ステージに這いつくばった状態まで潰された瞬間、
超高いJJさんジャンプ!!

もういろいろ
いろんな思いが湧き出て大変でした。
ほんとくしゃくしゃのひどいカオしてたろうなあ。笑
でもいいんだ。ここなら全部さらけ出せる。
誰にどんなカオ見られたっていいや。

1stアルバムを出すことになって
FIGUREというタイトル。
それまでの音源だけでF.I.Bのことを「こんなバンドだ」って
固定されたイメージで見ていた人もいただろうけど、
勝手なこというやつは放っておけばいい、
いまのF.I.Bの全て、姿かたちはこういうもの。
そういう気持ちをこめて
FIGUREというタイトルをつけたそうです。

To AnotherとAre youの繋ぎ方
やっぱりあがります!!

もうほんとにフロアぐちゃぐちゃで
自分守るのに精一杯、でも
ふと後ろ見るとみんな笑顔だったりするんだよね。
わあ…と思ってステージ見るとメンバーも笑顔。
フッフフッフゥ(●´з`)~♪
セキュリティさんまでみんな笑顔だったよ!!

そして、Moonlightが鳥肌ものでした…。
こんなにライブで輝く曲だとは!!
切ない感じの前奏があって、
その時点でみんなMoonlightってわかってニヤついたと思うんだけど、
いざ激しくイントロ入った時にはもう、
わたし心に入っちゃってもう涙ぽろぽろ出て悲惨だった。
素晴らしかった!!

本編ラストpromised place。
約束の場所。

F.I.Bのライブ。
自分を見失いかけたときでも
必ず自分を取り戻せる、大切なわたしの居場所。

いまここでわたしがF.I.Bのライブを見ているということも
遠く離れて住んでいるはずの友達が、
このウーピーズで一緒に拳あげてるということも

例えば、
好きなバンドの対バンで見たバンドも
例えば、
いつも、毎回のようにライブハウスで会う人たちも

また、日常でも
拾った子猫が、家族の一員になることも
今月からはじまる新しいクラスや職場も
あなたが大好きな人と、同じ時代に生まれたということも

どれも
The same place、the same time.
同じとき、同じ場所にいられるという奇跡。

みんなそれぞれの思いでウーピーに集まったんだろうな。
わたしも、みんなも、メンバーも
この日、無事にこの時間を共にすることができて、
本当に良かった!!

本来なら、ここは京都なので
F.I.Bには行ってらっしゃいを言わなければいけないのですが
けっこうな人がツアー追いかけるようでした。笑

きっと今回もめちゃくちゃいい旅してくるんだろうな!!
F.I.Bと、今回ツアーに参加するわたしたちの「約束の場所」は
7/19日の京都MUSEです。

きっとSOLDだよ!!


本編おわってメンバーが楽屋に戻って、
F.I.B!!F.I.B!!
オイ!!オイ!!オイ!!オイ!!

中途さんだけ出てくるの遅かったので
中途!!中途!!てコールが起こったw

EN.
80%
Fill In The Blanks

中途さんがいうには人生の80%はくそみたいな物らしいのですが
残りの20%をここに置いていきます!!って言ってた。
フロアがうおおおお!!じゃなくて、
もはやあがりすぎて、ぐおおおおおお!!って言ってた。笑

うぉーおーおーお!!\(^o^)/


スッキリ終わったはずだけど、なんかみんなその場動けなくて
自然にダブルアンコ求めはじめました。

ぜんっぜん出てこなくて、けっこう人も引きはじめて
でもわたしらあきらめ悪くて
ずーっとずーっとオイオイ言ってて

そしたらメンバー笑いながら走って戻って来てくれた!!
まず「帰れ!!」
って言ってそのあと
「あんまり、こんなこと言いたくないけど…
お前ら好きや~!!」

W.EN
Start From Here

もう最っっっ高!!のしめくくりでした。
ここからのスタート。
本編で泣いてたせいもあったかもしれないけど、
楽しくて楽しくてしょうがなかった!!

飛んで、おもいっきりブロックに落ちたけど
痛いのわからんかった!!笑

感無量で
どうしたらいいのかわからんかった。
嬉しくて、嬉しくて、ありがとうをどう表現すればいいのかわからなくて。
わからないことばかりやね。

ありがとうF.I.B。
どうか、気をつけて行ってらっしゃい!!
わたしも行くけど!!笑

みんなにありがとうありがとう言われながら、
その全てを見せてくれた実に晴れやかな表情でメンバーはステージを降り…

中途さんは、感激さめないお客さんに歓声とともに抱え上げられ、
胴上げされるかのかと思ったら、
担がれたまま、おみこしのように楽屋へ退場して行きました。笑

帰りはしばらく余韻にひたっていて、

アンコのとき中途さんがMCで、
戻ってくるの遅くなった理由「カレー食べてた」なんて言ったので
おいしそう…と思ってみんなカレー気分になってたから、
momoちゃんと、たいしょーと3人で
カレー食べに、すき家へ行きました。
影響されすぎ!!

この日のことが書けるようになるほど落ち着くまで
どれだけ時間かかってるんだろう。

実は3/29、金沢ではCATCH ALL TOURで、
地元バンドはわたしの最愛のBONUS TRACKでした。
日程がかぶったのは悲しかった。でも、
きっとどっちに参戦した人も、最高の日を過ごしたと思います。

4月ですね。
新しいスタートです。

つぎは、4/17のファンダンゴです。
お会いできるみなさん、楽しみましょう!!
どうか笑顔で会えますように。

The same place、the same time.

それではまた、ライブハウスで。
スポンサーサイト
2009-03-31 : ライブレポ : コメント : 0 :
Pagetop

FIGURE

F.I.Bの1stフルアルバム"FIGURE"が、3月4日に
とうとう発売されました!!

44_fib_fgr.jpg

F.I.B / FIGURE
PZCA-44
税込2300円

楽曲の幅が広がった今作品は、1年間ライブにライブを重ねてきたF.I.Bの現在そのもの。
前作のミニアルバムでは、彼らの訴えたかったことは、戦争反対だったり、地球を守りたかったり、
まさしく20代の青年の心の叫びでした。
それが今作品では人と人が心から向き合い、ともに成長しあう姿が
全体を通して描かれているように感じます。

まったくの偶然だけど、わたしにもいろいろあって、
ここ数ヶ月ずっと考えていたんです。
自分の友達の心ひとつ救えないで、地球を救いたいって言ってもできるわけないやん。
1年間いろんな土地でライブしまくった彼らが、1stフルアルバムで心から伝えたかったことが
人と人とのつながりだなんて、やっぱり…
めちゃめちゃF.I.Bらしいです。笑
ほんとメンバーさんたちの人間性そのまま(^ω^*)
この1年、よほどいい出逢いを重ねて来たんだろうな…!!

それにしても…激しく、すごく強いパワーを持ってるのにやっぱり曲が美しい!!
レコード会社(PIZZA OF DEATH)のオフィシャルYouTubeでPVが見られますので
オルカ目当てにこのブログを見に来て、F.I.Bのことは名前くらいしか知らなかった皆さんも
この機会に見てみてくださいね。

F.I.B "promised place" (from FIGURE)




今月末からレコ発ツアーも始まります☆
ライブハウスでお会いできるみなさんは、ライブハウスで共に楽しみましょう!!
2009-03-08 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。