夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

11月18日@新代田FEVER

F.I.B企画[FIRE CRACKER!!]初の東京です。

FEVERは新しくて広くて、入ったとたんになんていいところなんだと思いました。
すみっこでみんなで話してて誰かが近づいてくるなーと思っていたら…
カツン(゚Д゚;)!!

あまりにも久しぶりすぎて、カツンがライブハウスにいることにびっくりしました。笑
電話で愚痴とかは聞いてもらってたけど。笑
タイショーも遅れて来たので、関東の「小さい弟と大きい弟」ふたりともそろった!!
いや~、姉はうれしかったですよ\(^o^)/


■Anti Social Student
ライブはこないだの金沢ぶりです。
以前の金沢で、転換セッティング中にわたしがMEANINGTシャツを着て最前にいたら、Antiのベースさんが気付いてMEANINGのHopeを弾いてくれたんですよ。お友達なんだって^^
そんなわけでなめとふたり最前で!
チョコレートは明治~♪
楽しかった☆


■MEANING
ゼナワちゃんKちゃんも来て、そのまま最前、川口さんまえです。
ってか最前で見るのはじめてかも…

前回の水戸とはまた変わって、今回は「怖いほう」のMEANINGでした。
ぞくぞく、でもワクワクドキドキ。
川口さんが何度も前に出てきてめっちゃフロア煽ってたし、よっくんも勢いあまってマイク落としていらっしゃいました!
最前3人くらい川君わしゃわしゃもらった(^o^)
最初は少し後ろに下がっていたお客さんたちも、徐々に身体を動かしながら前のほうに攻めてきて…

でも何といっても、ハヤトさんの圧倒的な存在感ですよね。
怖いけど、ワケわからんくらいあがるもん。

MEANINGはデモCDしかないから歌詞がわからなくて、タイトルやたま-に聞き取れる単語でしか想像できないんだけど、いったいどんな感情に突き動かされてこれだけのパワーになってるのか知りたくなりました。

最後、hisではとうとうギター置いてマイクスタンド振り上げながらフロアに戦いに出ていらっしゃいました^^
タイショー胸ぐらつかまれてたしwww
しだいに心の奥になにかふつふつと湧き上がり、
身体がぶるぶる震えてきて衝動が抑えられなくなって…

ダイブ!!
自分でもびっくりした…!!笑

やっぱりMEANING見たあとはあらゆることに対する意欲がわいてきます。
俄然いろんなことに立ち向かう気になる。無敵。
なんでだろ?すごく不思議です…。


■LIVE CLEAN STAY YOUNG
ドリンク(今日は運転なのでコカコーラ)もらって、昨日ぶりのリブクリ。
昨日とはうってかわったような盛り上がりに安心して、今日は前のほうでいっぱい手あげて楽しみました。笑
リブクリの時は客層もうってかわって、モッシュ軍団の年齢層がすごく若く見えました。
ロマンチックもやってくれたし楽しかったなー♪


■F.I.B
わあ今日はSEあったー!!
やっぱりeye eye大好きです。手拍子でF.I.Bを迎えるのです!

Are you standing on?
promised place
To Another World
I'm proud
You will be the next
TAKE ACTION
Start From Here
The Earth
Fill In The Blanks

En.
moonlight
NO WAR!!

Are youはじまりとか。(宇都宮もそうだったらしいけど)
低位置JJさんまえだったんだけど、もう最初から飛んでいこうかとすら思いました。笑

しかしいつのまにかすごいお客さん入ってたし!
しかも血の気が多いような盛り上がり方だったし!
会場がいつもより広くてサークルも大きくて、盛り上がり方もすごかったから、なんかゴージャスでした。笑

本日4番バッターのI'm proudがうれしすぎて楽しすぎました☆
この曲ほんとに、わたしの中では「これぞF.I.B」って感じ。
昔の曲の雰囲気を漂わせてるのもあるからかなぁ?

TAKE ACTIONのときあたりを見回したら、モッシュも起こって、けっこうサビでこぶしあげてる人多かった!
曲認知はやっ。関東が続いたのもあるだろうし、やっぱりこの曲は耳に残りやすいのね。
ここで最前離れて飛んで行きました。

スタート、地球、今日のサークルは大きくて速くて…ゴージャス。笑
FxIxBでうぉーおーおーお!!したけど、なんか物足りない。
曲数が少なかったのもあるけどこれは…

オイオイオイオイ

一生懸命叫びました。
けっこう時間かかったけどメンバーが戻ってきて…

アンコールのイントロで、わたしはとても挙動不審になりましたw
物足りなかった理由は曲数うんぬんじゃなくて、
本編にmoonlightがなかったからだ…!!

急いで前のほうへ向かって行ったら、いきなりタイショーがわたしを放り投げました!
上空でこぶしあげて…FEVERみんな同じ月灯りの下。
すごいなあこの光景。わたしのつたない言葉じゃ書き表せない。

最後のしめはNO WAR!!
全力出し切って、スッキリ気分爽快でしめることができました。
ステージに向かってありがとうの言葉しか出なかった…。


カツン、タイショー、momoちゃんとラーメン食べて帰りました。

すばらしいライブを見ることができたのも、
年齢も住む場所も違う友達とおなじ時間を過ごせたのも、
価値観が同じ人と話せたのも、

今回の旅のかけがえのないたからものです。
神様ありがとう。

Strung outが来日キャンセルになったので、つぎにF.I.B見るのはfamのファイナルかな。
これはちょうど青春18きっぷの開始日なので、おさいふに優しいです。笑
それまでがんばってバイトいっぱいしよう!




それではまたライブハウスで。
スポンサーサイト
2009-11-20 : ライブレポ : コメント : 0 :
Pagetop

11月8日@京都WHOOPEE'S

F.I.Bひっさしぶりの京都ウーピーズです。
FIGUREツアー初日ぶりだったんだって!
そんなにやってなかったなんて不思議な気分。

京都は友達がいっぱいでうれしいです。
ってかそれ以前になんか人いっぱーい。

■SPREAD
始まる前に友達と王将行ってビールと餃子だったのです。
まだ酔いが残っていて、ふわふわした気分で見ました。

久しぶりに見たけどSPREADさすがですめっちゃかっこいいです!!
後ろのほうで手をあげたりモッシュに入ったり出たり楽しかったー!
しかしひとバンドめだというのに、前のほうがハチャメチャになってたなー
今日のお客さん怖いくらい気合入ってる。

■GARLIC BOYS
ホールの構造上ステージが横から見られるウーピーズ。
ゆうこに「一緒にドラムみよう」と誘われてサイドに行くことになりました。

1+1+1
電撃セラピー
激情
泣き虫
ゆーこ
失恋モッシュ
DQ69
流星雨
荒野
ヨコヅナ
あんとば

途中まではサイドでノリノリしてたのですが、
やはりそんな場所では我慢できずに、失恋モッシュの曲紹介あたりでゆうこに「行ってくる」と言い残しモッシュピーーーーット!
血の気の多い兄ちゃんたちにはじき飛ばされながらこぶしあげました♪
スピーカーが揺れて揺れてこわかった。笑

ガーリックかっこいいよー
なんでこんなかっこいいんだ(´;ω;`)
目が廻っちゃう。

もう、この時点でけっこう満たされてたり。笑
しかしこのあとにはF.I.Bとノットリがひかえているという
夢のようなライブなのです。
さすがF.I.B企画!
いつのまにかカメラマンのジョンくんがいた!めっちゃ久しぶりやー


■F.I.B
レコ発のバンドさんがいるときのF.I.B企画は、だいたいF.I.Bはトリ前です。
今日のお客さんがあまりにも元気なので、ヤマダさんと芦田さんがスピーカー動かないか心配して見に来ました。


You will be the next
promised place
To Another World
Are you standing on?
Our Scenery
Take Action
moonlight
Start From Here
Song Of Warning
The Earth
Fill In The Blanks

SEのゆるーいeye eyeからの緊迫したYou willってめっちゃすき。笑
ジェイラスのときみたいに怖くもないし、適度に心の準備&緊張できて!

ウーピーズは場所によってめっちゃ聞こえ方が変わってしまうのですが、最初はいつものようにJJさんまえの2列目くらい。
だれか後ろから頭なでてくれると思ったらユッコちゃんでした☆

二曲目に堂々のプロミス。トゥアナザーからつなげてAre you。
ためにためてきたモヤモヤがじゅわーっと浄化されていく!笑
なんかの曲で頭にクツかなんかぶつかって、パンピーに水ほしいかって大げさに心配されましたw
痛かったけどまったく持ってだいじょうぶでした。
フッフフッフゥ~♪

っと。
6曲めのイントロで全身が…固まりました。



この曲
し ら な い



瞬時に状況を理解して心の中で絶叫。
これかーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
正直、わたしらが耳にできるのはもう少し先だと思ってた!!


フロア見渡すと、みんなも戸惑いがちにキョロキョロ。
知らなくて当然です。だって新曲だもの。
つい先日レコーディングを終えたばかりの「TAKE ACTION」

ひゃーなんてかっこいい曲!
しだいにチラホラ手もあがってきて、
ちょろっとモッシュみたいなのも一瞬起こって…

うわあ聴きたい!と思ってた曲がいきなり目の前ですよ。
いろいろ考えてたら一気に針が振り切れてしまった!
知らない曲に身体を揺らしながらステージを見つめるお客さんたちの中、
完全ひとりだけ激アガリしちゃって、無我夢中で人の上よじのぼってダイブ!!

やばい。
もう最強の気分。
ストレスためてきてよかった。F.I.Bが根こそぎ持っていっちゃった!!

そこからはもうずっと後ろで廻って廻って廻りまくりました☆
途中でスピーカーとかずれてあぶないからたづめくんがセキュリティしてたw
後ろのサークルは大きくて前のほうはダイバーいっぱいいて、それはそれはすごい光景でした。

F.I.B企画でこんなん初めて見たし。
いつの間にかめっちゃ仲間が増えててんなぁ…
中途さんも「俺らが思い描いていた光景に近づいている」って言ってたけどほんとにそう。
うれしいです。
素直にファンとしてこの光景は感動以外の何者でもない。

知ってる仲間もいーっぱいいたけど、初めて見る人たちもいーっぱいいて、
みーんなで両手あげてうぉーおーおーおしました!!
しあわせ(´;ω;`)


■NOT REBOUND
ボーナストラックTからノットリTに着替え、最前ど真ん中、松原さんまえ。

ライブ前に中途さんが
「片桐さん大事な話があります、京都は終電が9時なんです!」
と言ったそうで、すこし余裕のできたフロア。
(じっさい遠征組も電車間に合わないので泣く泣く帰ってた)
そんななか、前のほうに集まってきたみんなの目のキラキラっぷりに笑いました☆
楽しみで楽しみで仕方なかったし!
片桐さんの新しいベースかっこいー!!

マイジェネ→フルコースで始まるこのツアーいつもの感じのセトリです。
最初ほのぼのと始まって…このアルバムの曲たちまじで大好き♪
黒ちゃんのメンバー紹介がウケにウケてた。
ってか黒ちゃんすっごいポップな配色でした☆

それでね、なんかよくわかんないんだけど
めっちゃホームな雰囲気だったんです。
京都は1年何ヶ月ぶりって言ってたから、まえのMIBぶりかな?
なのにとてもとてもホームな雰囲気だったんです!!
フロアの興奮も徐々に増して。
ダイバーも出てモッシュも起こってきて。
トレッキンと桜で本編終わったんですが…

ステージから降りることすら許させないアンコール。笑
ってか降りないノットリのみなさん。笑

エンターテイメントとわやでわたしも最前離れて暴れにいったんですが、
とたん前のほうわしゃわしゃってなって、ひっくり返したかのような大騒ぎ!!

お客さんの目の色変わっちゃってダブルアンコ求めて求めて、
pussy man-!!!!
もうぐっちゃぐちゃ。笑

まるで名古屋でノットリみてるかのような汗だくの兄ちゃんたちの笑顔…!
なんだこれ最高なんですけど…。

あまりにも楽しすぎて、
終わったあともただ笑みがこぼれてきて仕方なかった!!

やばい
やばい

終わってからすぐトイレいって後ろでしゃべったりしてたら、
ほとんどの友達帰っちゃってバイバイまたね言えず残念でした。
またね!!\(^o^)/

実家に寄ったら、今年ハンソン島にツアーでいらしてくれた鳥好きの辻さんからお便りが来ていて、咲の写真が同封してありました。
あいつは今年も無事に冬を越せますかね?

会いたいなー。
2009-11-09 : ライブレポ : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。