夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

12月23日@新宿LOFT

新宿まで来てしまった。
緊張してロフトいける自信が全くなく、
momoちゃんに駅で待っててもらうことにしました。

わたしは全くもって方向音痴ではありません。
でも、典型的な田舎者なので、夜の街は全部同じにみえるのです…。
新宿なんてさいあくです…。
まわりが田んぼばっかりだったら、絶対に道に迷うことなんてないのにな-

東口でmomoちゃん、とっきーと合流して、さあ行こうか、と。
すると、壁のほうを向いて立っている、どよ-んとした空気を背負った女子が…

な 


!?
(゚д゚lll)

なめおでした!爆
そりゃどよ-んともするわ、だってチケット、わたしが取り上げちゃったんだもの。
なめおもまさか、こんな日に限って仕事がはやく終わるなんて夢にも思わなかったらしいのです!!
仕事で暴年会行けないからって、わたし(先行も一般も見事に外れた)に泣く泣くチケゆずったはずなのに、
まさか今日見送りにだけ来るなんて…千葉から新宿まで…。
ほんと申し訳ない(´;ω;`)
ほんと申し訳ない…。

わたしだけ整理番号が早かったので、ひと足先にみんなを見捨ててロフトに駆け込みました(必死)。
…あれ?こんなに急いだのに、みんな物販行列だよ。
よゆうで最前どまんなか取れたし。

今日のわたしの服装についてはエモすぎるため触れないでください。
わたしもFORGET EVERYTHING ABOUT2009、暴れて忘れて、前に進まなきゃいけないんだ。

おっぴんも来てふたりで並んで、やがて無事にmomoちゃんやタイショーも入ってきた。
わたしらの予想はF.I.B→カムバック→KEN。
しかし、しゃがんでスクリーンの下から機材を確認すると、全くもってF.I.Bのじゃない。

「暗くてよく見えないけど、センターにダブルカッタウェイのギターがある」
と、わたしはmomoちゃんに言いました。
「そして、キーボードがない」
と、momoちゃんが言いました。
それに、なんだか上手にベースがあるような…。

浜省さん暴れ終わって…


ぎゃー

まさかまさか、まさかのKEN BAND1番手-----!!!

これ絶対肋骨持ってかれる!腕モゲる!首も折れるってくらい押しつぶされて、蹴りまくられて、圧死しそうになったけどそんなのほんと問題じゃないの。
最初はF.I.Bと思って最前センターにいたおかげで、健さんが目の前でギター弾いて歌ってる!!
この距離で!!


You're Not Welcome Anymore
Pressure
How Many More Times
Don't For Son Of A Bitch(新曲)
Ricky Punks
Ricky Punks2
Your Safe Rock (ってゆったとわたしは思ったんだけど)
What Kind Of Love
Ten Years From Now
Running On The Winding Road
Go With The Flow
Believer

ダイバーが案の定ものすごくて…
おりるときに蹴られたり、首に座られたり、殴られたりで脳天たんこぶだらけになりました。笑
でもわたしはそんなものに負けずに拳をあげたのです!
久しぶりのKEN BAND本当うれしかったから!

曲おわるごとにようやく体勢たてなおして、まっすぐ前見れた。
でもMCはやっぱり何も変わらずフリーダムな健さんで。
のりピーやお塩先生の時事ネタありーの、
うんこちん○ん!などの子供がすきそうな下ネタありーの、笑
やっぱりしゃべりだすと止まらずグダグダに…笑

F.I.Bはけっこう対バンに影響されるから、MCで何いうか楽しみだなーって。
(ハワイアンとやったら「戦争は…」とか言い出すし、レイザーズとやったら「ほなでっかいサークルつくろうか!」と言い出すそうです…笑)
社長さんハードルあげるあげる。

Your Safe Rock(曲名自信なし)んときの悪意がこもってる感じもたまらなかったし!
安全なロック、って…まあそういうことでしょうね。笑
皮肉ね^^

気付いたらレッサーパンダちゃんちも増えてた^^

ほんと痛くて苦しくてさいあくのはずだっんだけど…綺麗だったんです。
こんな壮絶な光景がスローモーションみたいに見える。

あー大好きだKEN BAND…。

ひとバンドめにしてもうおもいっきり…
FILL IN THE BLANKS(あれ?)されてしまいました!笑
完全に満ち足りちゃった!!(はずだったのですが…)


■COMEBACK MY DAUGHTERS
ようやくキーボードおかれて安心。
心なしかフロアに暑苦しい兄ちゃんたちがいなくなって、まわりが女の子ばかりに…笑
セトリはちょっと用意できませんでしたが最初はOh smoke sisterだったはず。

押しもなくなって、割り込む人もなく、ありがたいことにそのまま最前!!
すさまじい健のあとだったからか、このサウンドめ-っちゃ爽快感。
ほんとに良くて、良すぎて、胸がしめつけられました…!!

もう最初からCHUN2さんがギター抱えてフロアおりてきちゃって!
ロフトでフロアすよ?
お客さんみな笑顔で彼を囲んでうたいました♪

途中の曲で高本さんちょっとさみしいMCしてしまったから、
最後は盛り上がる曲やりたいんだけど、そこにつながるMCが出てきませんって。
素直すぎるwww
で、盛り上げるために高本さんまでフロアで歌いたいって言い出しまして。
でもケーブルが短くてギター下ろせなかったので、じゃあハンドマイクでやりますって、
ギターおいて、下におりてきて歌ってくれたの-!!
そしたらがんばりすぎて無理しちゃっらしく、腰のあたりがつっちゃって、
イテテな顔でステージに戻っていらしたの-!笑
もうなんでもありな忘年会。ほんとスペシャル。笑

ってかこの声この音、やばすぎる。染み入る。
この時点ではもう今日カムバック優勝でいいやとちょこっと思っていました。

F.I.Bトリでだいじょうぶなん?
今日の感じだとハードル高すぎない…?笑

■F.I.B

健さんがいうには、グレイトフル・デッドは曲間にファンどうしで
「この曲の次にこれがきたということは、彼らはこういうことを伝えたいんだ」って話し合うんだって。
俺らのライブでもそういう深読み、やってよーとか言ってたけど、
じつはF.I.Bのときには最前組はよく深読みやってるんですね、キモいことに。笑
今日は○○だからこの曲やるだろうとか、この次はこれだろうとか。

開始前わたしらは「大舞台だから、きっと認知度の高いAre youもしくはプロミスではじめる」
と予測していました。

さて、おなじみローラスのeye eye…と思ったら今日のSE、なんとジェイラスーーー(ツアー中のSE)!!
ツアーの年だったからこれで締めるってことですか?
ということは、1曲めは…

ゆーうぃる !!!

You will be the next
I'm Proud
Are you standing on?
To Another World
promised place
KIZUNA
TAKE ACTION
Our Scenery
NO WAR!!
The Earth
Fill In The Blanks
Start From Here

で、対バンに影響されるという噂のF.I.B。
今日のMCでは、健さんのMCから何を拾うのか?と思ったら…

「俺らずっとPIZZA OF DEATHに入りたくてやってきて、
PIZZA OF DEATH童○を捨てた、○貞喪失ソングです」

しっ…

下ネタひろったあああああああーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
Σ(゚Д゚)

だいすきな大好きなAre you だったのになんじゃこりゃー
笑い飯にしても…結局大舞台で行き着く先はそこなん!!!
ああ…orz


で、曲がすすみプロミスやって…
そこから繋げてKIZUNA。
一瞬わけがわからず、わたしとmomoちゃんは顔を見合わせました。笑
さすがに今日は、みんなが知ってそうな選曲したのね。
でもずっと聞きたかったから、すなおにうれしかったです!

…と思ったけど、つぎのTAKE ACTIONの認知度の高さにもびっくり。笑
けっこう盛り上がってたし!ダイバーもでたし!
最近関東のライブ多かったから、みんな意外とじっさいにライブ見てたんかなぁ-?
F.I.BTなんて数えるほどしかいなかったから、みんなKENめあてかと思ってた。
そういう最前組も誰一人としてF.I.B着てないし。笑
momoちゃんとおっぴんはイベントTだし、たいしょーはMEANING、カツンは外タレ、 わたしに至ってはバンTですらありませんからね…。
(赤星Tに赤星タオルでした。暴れて忘れて前に進むために。笑)


Our Sceneryのさいごが伸びて伸びてなかなか終わらなかったり。笑
いつまでフッフフッフゥ~♪いえばいいのかとおもった!

NO WAR!!ではマイク奪おうとフロアたいへんなことになってたなぁ-
ステージと客席遠いのに、中途さん身を乗り出して攻めてくるし。笑

そしてダイバーだらけのFxIxB、そして締めにStart From Here。

おわり


ああああ
また月が昇らないうちに終わってしまった!
最前組はアンコールを求めてちょこっと叫びました…。

moonlight!!
moonlight!!
(どんなアンコールや笑)


そしたら、転換を思わせるように幕が下がって…
とつぜん、この曲が流れてきたのです。


ヘイへヘイへ~イ♪
BBQ CHICKENS~♪


え?

え?


下がったスクリーンの向こうでセッティングする人々の足が見える。
その間に、この曲は何回リピートされたでしょうか…。
盛り上がるフロア、悲鳴にも似た叫び、
わけわからんすぎて何も信じられずぽかんとするわたし←
うそやん。うそやろ。


幕があがって…

ほんとうに居ました。
ホンゴリアンが。健さんが。ISOさんが。アンドリューさんが。
あれっ。
ってか、あっ、アンドリューさんーーーーっっ!?笑(←加入してた)

そこには、BBQ CHICKENSが!!!


PIZZA OF DEATH'S THEME
守破離
LET'S FUCKIN' GO
BIG MAC

セトリはなんとなくです汗、参考程度に。

ひゃー。
なんなん今日。

てなわけでレーベル社長をふたりも有するこのバンド。
アルバム出してツアーするそうです!!
KEN BANDの日程とニアミスしても、空気読まずに活動するそうです!笑

実は半年ほどまえからこのメンバーでずっとスタジオ入ってたんだって。
練習するはずの時間のほとんどは、パパトークで終わるらしいですが…
(バンドメンバー4人で6人の子供がいるらしいw)

そういや健さん「F.I.B風にいうと…」ってゆってMCしてた!
健さんから見る中途さんは、かなりそわそわ落ち着きないそぶりでデカイことを言い、最後にニカッと笑ってごまかす感じにみえているようでした。笑


ふふふ
いったいなんてスペシャルなライブだったんだ。
もうここで死んでもかまわない。笑

ライブ後 momoちゃんがクリスマスプレゼントだといってオムライスごちそうしてくれた(´;ω;`)
わたしが貧乏なのを知ってて…ほんとありがとう!

今年も1年ありがとうございました。
って書くの遅かったから、もう年変わってるけどね。
おしまい。
次のF.I.Bはたぶん2月前半。


それではまたライブハウスで。
スポンサーサイト
2010-01-06 : ライブレポ : コメント : 0 :
Pagetop

12月21日@十三FANDANGO

すっかりこちらのほうの更新を怠っていました。
こんなレポ書いてる必要性に疑問を感じたり、ただめんどくさかったりもしていたのですが、楽しみになさっている方もゼロではないようなので書きます。


実は、今から書くレポの前に、famのファイナルにも行ったんです。
しかし、自分の気持ちがダメすぎた。
あれ(某プロ野球選手の電撃引退)の翌日でしたので。

まあ結果として、あれの翌日にF.I.Bがあったおかげでなんとか生き延びられたのですが、ライブレポを書けるほど正気ではありませんでした。
なかんじです。


そんなわけで12月21日のレポからはじめます。

[RAZORS EDGE "THRASH 'EM ALL vol.50"]

とりあえずあやくん&マコちゃんにあいさつ後、mskたちとカリトロで談笑してmomoちゃんと合流し、たこやきを楽しんでからファンダンゴへ。

チケットは前売りソールドらしかったけど、当日券が出て、友だち全員入れてよかったよかった\(^o^)/

さあて。
今日は2マンなので曲数多いはず!出動しますか!!


人が多いので、まずは前のほうに行くことにしました。
JJさん前待機の、SEはおなじみになってきたローラス、eye eye。
手拍子で階段から駆け下りてくるメンバーお迎えです☆


メンバー全員位置について、なぜか中途さんがここで客席に手を振って、キメ顔。
アイドルかっ!!
アイドルやね。笑


promised place スタートも、待ってましたと十三はいきなりひっくり返る!!

今日はキタ。って雰囲気のときは、もう最初からそうなんですよね☆
1曲めにして脳内で何かが弾けとぶー!!!
しかも2曲目I'm proud(わたしが思ってるTHE F.I.Bな曲)やし、興奮がすでに頂点に達してうぎゃーって叫んでました。笑

で、MCはさみ-の
「アルバムからミドルテンポの曲を…To Another World」
と中途さんが言って、一瞬、健太さんやJJさんがあれ?っていう表情したけど、
演奏は止まらず、そのまま始まったのはYou will be the next!
どんなミドルテンポねんて!\(^o^)/

まあそれは単に、中途さんが次の曲を間違えただけでしたので。
本物のトゥアナザーも終わって、大好きな大好きな、あの前奏が聞こえてきたから、
5曲めか…はやいなぁと思っていたのです。
moonlightの、ライブ用の前奏。
今宵の月は何色かしらね。

って

ダっダっダっダっ ジャーン

さてmoonlight。
行くか。とおもって、イントロで拳あげようかと思ったら
いっきなり聞こえてきたのは、まさかまさかのAre you standing on!!
ええ━━(゚Д゚;)━━━!!

一瞬びっくりしすぎてモッシュ入るタイミングすら逃した!笑
moonlightはどこいったんー?
瞬時にダイバーだらけ!!
羊毛がフェルトになるときのような人間の重なり具合でした。おそろしい。笑

Are you終わって最前組からは
「だまされた」
「だまされたね」
「悪い男にだまされた←」とのヒソヒソ声が…笑

十三の月はどこへ…。
またしてもmoonlight難民続出。笑


そこから2曲続けて新曲でした。
オールドスクールシューズは仮タイトルなんか本タイトルなんかわかんないけど、
めーーーーーーっちゃ明るくてF.I.Bっぽくて元気でます!!
TAKE ACTIONは正直いまいちばんアガるかもしれない。
イントロからかっこよすぎ。鼻血こぼれそう。


で、モッシュ突っ込んでいって人の上よじのぼって飛んで、拳振り上げてやりました♪
パンピーもすでにカンペキにタイミングつかんでて飛んでました♪
そしたらそのあとのMCで
「新曲でダイブしてくれるっていうのは愛情をかんじますね~」
と笑って言ってもらえたので、ちょこっとだけうれしかったです…!!
ほんとにほんのちょこっとだけね!笑
ってか、パンピーのかっこいいダイブについて言ったんだと思いますけどね!!
わたし空気ファンですのでー笑


「ここからは知ってる曲ばかりやから!」
ってそこからはもうダイバー全開で、もみくちゃ群衆のあちこちから天にむかって足が生えてる状態でした。笑
ひゃー。
ったく十三ってばなんでいつもこんなに凄いんだ!!
でも十三のいいところは、それが見知った顔ばかりだっていうことです。
F.I.B好きな人たちが毎回ちゃんと集まってくる場所なんです。
こんな危険っぽいのに、こんなみんな思いやりは忘れず笑顔で。
(´;ω;`)

promised place
I'm proud
You will be the next
To Another World
Are you standing on?
オールドスクールシューズ
TAKE ACTION
Our Scenery
Start From Here
The Earth
Fill In The Blanks


久しぶりに10曲以上聞けたし、大満足のライブでした。
レイザーズ控えてるのに、みんなアンコール求めて
オイオイオイオイオイ言ってたなぁ…。


そしてレイザーズ。

全力使い切ってゼエゼエだったし、
ドリンクもらってたので最後方からスタート。
山山のあたりで楽しくなって真ん中あたりまで移動しました。
kick startの前の、ケンジさんが無茶振り?したミサイルさんのしゃべりが謎でした。笑
その、ミサイルさんのアタマはやけにちりちりになっていらっしゃいました!

ほんと人多くてちょこっと苦しかったけど、
久しぶりのレイザーズはとっても楽しかった!

でね、ケンジさんがM-1の話をしたのです。
今日のわたしは、実は「鳥人」押しの鳥谷タオル。笑
(しかも誰ひとりとしてこのつながりをわかってくれない!笑)
ケンジさんがツイッターか何かで読んだらしいんだけど、笑い飯は鳥人という神ネタをやったあとで、あえて最終決戦にしょぼい下ネタをもってきたのは、あの下ネタが結成当時から自分たちがやってきた大切なネタだったから…って話だったらしいのね。

だから俺たちも、客ウケ以前に、自分たちのやりたい曲をやり続けますと。
いい話を聞いたので、F.I.Bで全力使い切ってたはずのわたしも、どこからかパワーがあふれてきてモッシュにつっこみました^^

…終わって気がついたらタカさん前まで来てたし。笑
JUSOでまじ飛ぼうかと思ったし!!
人間フエルト状態じゃなかったら飛んでたし!笑


以上です。笑
うん。



ものすごくアガったことがあり、ライブ後はもうここで死んでもいいやとちょっと思ったけど、まあそれはうそだけど、暴年会あるし(わたしKEN BAND目当てですので!)、次も、その次も…って考えたら、どうやらバレンタインまでは生きなくてはならないようなので、生きます。笑
fam!!fam!!
\(´∀`●)/

…あれっ?笑


全くもって素直じゃないわたしは、せめて食欲には素直になろうと思い、
momoちゃんと梅と3人でつけ麺食べて帰りました。


わたしも平塚(ex.阪神)と対バンしたい。
バンドやってらっしゃるのね、あの人。


それではまたライブハウスで。
2010-01-06 : ライブレポ : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。