夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2月11日@今池ハックフィン

セッチューでした。すっかすか!びっくりするくらいすっかすか!
とりあえず1番手のノットリが楽しすぎました☆


ノッキン
マイジェネ
フルコース
Lost Child
ゲット
わや
エンタメ

だったかな…?
ツアー終わってからの初見だったので正直期待していましたが…わーい期待以上のセトリ♪
「ちびまるこちゃん」て言うだけでも噛んじゃう大ちゃん。笑
このたどたどしさもノットリの魅力といえるでしょう。

続いてのNEW DAWNとSLANGは怖い感じでした!笑
NEW DAWNさんは全員坊主のひげで、まゆげもちょこっとしかなくて、わー怖い!と思ってたんだけどライブ始まってみたらボーカルさんが超笑顔向けてくれるし、拳合わせてくれたりして楽しくなりました♪
知らない女の子が後ろからわたしとmomoちゃんの腕をあげようとしたり。笑

SLANGもわたしは実は初めて見たのですが、こっちは見慣れた感じの怖さだったので大丈夫でした♪
うきうきでいっぱい拳あげました!


F.I.Bになると少し人増えたようなそうでもないような…

You will be the next
promised place
To Another World
Are you standing on?
Start From Here
TAKE ACTION
moonlight
Fill In The Blanks

EN.
The Earth
NO WAR!!

To Anotherのイントロがいつもと違って少しキョドりました。
でもお客さん全員すぐTo Anotherってわかってたようで、ふりむきざまに中途さんが

 ♪I won't forget you What you said how you looked~

って歌いだしたら


ゆーるーっくー


ちゃんとお客さんもみんな手上げてうたった!笑


ハックはスピーカーのところに中途さんやJJさんがのぼるので、首が痛くなるほどに見上げまくり。
照明がまぶしくてつらいときがあるんだけど、今日のハックは大丈夫だったなー

そしてとうとう終盤。
いつもmoonlightのときにやる前奏が始まりました…。

イエス、オア、ノー。どっち…どっちだ?
最近この前奏とよくつなげるAre youはもうやってる。
この前奏からKIZUNAにつなげたりしたらわたしマジ倒れるよ?となかば疑いながらステージ見てたら…


キター


イエス!
今度こそ本物のmoonlightーーー!!
おもわずギャーって叫び声をあげながら最初のイントロで気づいたら宙にいました。


着うたにしてるから1日10回くらいは聞いてるはずなんだけど…やっぱりライブは別やね。笑
いやー泣いた泣いた。笑
やっぱり泣いちゃった。
わたし、生まれかわったらこの曲になりたい。笑


「家でCDでも聞いとけ」というMCは、今回はウケました。
なんか雰囲気最高だったなー。
中途さんもすごく楽しかったらしくその場で「名古屋でも年内に企画やるわ!俺きめた!」な暴走モード!


今日のこの楽しさはあれですよあれあれ。
お客さんが、F.I.B本当に好きな人ばかりってやつ。
去年のノットリとの新神楽も、FIGUREツアーのファイナルも。
対バンが別ジャンルだったり、なんかの熱いライブとかぶってたりしたおかげで、この会場には本当にF.I.B好きな人しか来てないってやつです。ほんとmoonlight聞けただけじゃなくて、ライブじたいがめちゃくちゃ楽しかった。

アンコールも1曲だけって言ったのに「楽しいからもうちょっと近くいくわ!」って勝手にマイク下ろし始めて勝手にもう1曲、NO WAR!!。
最高。


ってかこの日ホワイティさんの誕生日やったのね。
甘いものをあげかったんだけどバレンタイン近いし、無駄にいつもライブにいるわたしは、本命やとカン違いされるととっても困るので、チョコに大きく「友情」と書いたカードを添えました。
「うざいw」言われました。笑



それではまたライブハウスで。
スポンサーサイト
2010-02-28 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

2月6日@四日市~7日@WHOOPEE'S

雪の三重でした。
金沢ばりの雪の降りかたでした。

しかしケイオスはすっかすかを期待していったのにぎゅうぎゅうでした!
初めてのライブハウス。
中に入ったら知り合いもけっこういて安心。

この日はフリーキーレコ発&三重バンドイベント。
三重バンドに始まり三重バンドに終わるという。
さらにフリーキーのウムさんも三重の出身というね。
地元のバンドさん、とてもかっこよかった。
フロアも盛り上がってたし!

そしてF.I.B。
この日のDJさんが自分のかける曲に気合入りすぎていらしたのか、F.I.Bがステージ上で拳あわせて掛け声して、合図してるにもかかわらず、それからまるまる1曲流してしまうというフリーダムっぷり…笑
ステージ上の曲終わり待ちの、手もち無沙汰なF.I.Bという貴重なものを見ることができました。笑
さぁ~オフィシャル的には年明け初ライブ!

You will be the next
To Another World
promised place
Are you standing on?
TAKE ACTION
Fill In The Blanks
Start From Here

EN.
NO WAR!!

プロミスの途中でAre youというへんなつなげられ方をしたため(先月の京都でもやってたね)、一瞬わたしはキョドったようです。そして「新曲」と言われただけでTAKE ACTIONのことだと察してこぶしをあげたようです。そして感極まる曲では泣きそうになっていたようです。

ようです、というのはこれ自分でも気づいてなくて、あとからいろんな人に指摘されたからなんだけど…。
終わってから「今日もねーさん弾けてたね!」といろんな方々にさんざん笑われていろいろ言われてはじめて、わたしはライブ見てるときの姿を観察されていたことを知りました…。
そんなに人のライブ中の表情おもしろいかー!!泣
こっちは必死なんやー!泣


翌日のレポも続けていきましょうかね。
この日はまいちゃんちにお泊りして、お昼ころに京都へ移動しました。


2月7日@京都WHOOPEE'SはF.I.B企画。

フーイナム1番手。
さぶろ-の衣装がどんどん派手になっていくなぁ…。笑
動いてくれるお客さんが少なくてこの日のタキオさんは「もっと愛してー!」モードやったけど、けっこうフロアはニッコニコでした。

しかしこの日はセンスミスやね。
ヒデヤスさん、あの下ネタMCから感動に持っていくなんてすごすぎる。
あの人間性だだもれ、心わしづかみのMCのうえにライブもめちゃくちゃかっこよかった!
フロアにおりて自由自在に歌ってた。

きのうに引き続きのフリーキーもめっちゃ楽しかった。
癒されますな♪


F.I.Bは昨日笑われたことをまったく学習せず、ふたたび最前JJさん前。

Start From Here
Song Of Warning
The Earth
To Another World
promised place
Are you standing on?
As You Feel
Our Scenery
NO WAR!!
Fill In The Blanks

EN.
You will be the next
KIZUNA


長いことmoonlight聞けてなかったわたしは、前日の三重の帰りに必死になって「moonlightやってください」って健太さんに半泣きで懇願したのに。
中途さんが「Are you standing on!!!」とおもいっきりコールしてからの、
いつもmoonlightの前につく、あのえもい前奏。
ハイそうですか…そりゃAre youにつなげますよね、だってもうタイトルコールしてるんだから。
わたしはショックのあまりうしろに引っ込みましたが、momoちゃんはこのとき健太さんが、入りかた間違った中途さんに向かって指たてたのを見たらしい。笑


暴れん坊さんが多くてけっこうフロアがぐちゃみそになってたから、中途さんが「俺らはモッシュダイブは愛情表現やと思てます、それがいやなやつは家でCDでも聞いとけ」とMCで言いました。
パンクやな~笑
最近お気に入りのこのセリフはここで初めて出たんですね。
そしてつぎの企画の告知がありました。
ファイアクラッカー次回は4/11新神楽、5/23渋谷Onestでやるみたいです。

アンコールで大好きなKIZUNAも聴けて大満足!
moonlightなくてもやっぱりライブは楽しかった。くやしい。笑
これだけ見てもまったく飽きさせないって、やっぱりF.I.Bはすごいな。
今年もよろしくお願いします。
2010-02-22 : ライブレポ : コメント : 0 :
Pagetop

1月16日@京都WHOOPEE'S

kyotonow.jpg

※写真は、完全に身内しか理解不能な京都ナウの仮広告
京都ナウは4/10@京都MUSEにて開催!

フィブっていうのはF.I.Bのことです。
昔から見てる半ば身内みたいな人らはこう呼びます。
ボングっていうのはボーカルの方の実家のパン屋さんです。笑
センスミスのキレないっていうのは今年の目標らしいです。笑
なんだこの説明。


長い間ライブレポをアップしていなかった。
まじめにやります☆


まず1月。
F.I.Bはオフィシャルにライブ予定はありませんでしたが、シークレット出演がありました。
1月17日、GREEN PEAS YOUNGの解散ライブです。


京都の盟友が顔をそろえました。
Chocolate Soldierとスパイク。
この日のために復活したカンクーントルネードとBamboo-Shoot。
そしてシークレットにF.I.BとLABRETでした。


バンドマンもお客さんもみ-んなが口々に「5年前みたいな顔ぶれやな」って言ってました。
グリピのために、久しぶりにライブハウスに来た人も多かったみたい!

まあそんなんで、出演することすら知られてなかったF.I.Bはどアウェイ。
だけど、今日の主役はグリピなのでそれでよかったのです。

You will be the next
promised place
Are you standing on?
KIZUNA
TAKE ACTION
Our Scenery
Start From Here
Fill In The Blanks


誰も動かず、モッシュなし…。
まわり、かわいらしい女子だらけやし♪
ライブハウスで暴れますって感じの人は皆無やったからね…笑


とりあえずF.I.Bのライブにもよく来る人はわたしのほかにふたり。笑
わたしらはクソあがってたんだけど、やっぱりF.I.Bとしてはフロアの反応もほしかったんでしょうね。笑
「お前らテレ屋さんやから、俺らがそっちいくわ」と、中途さんが言って、シナリー終わったとこでマイクをフロアへ降ろしました。

最前にいたわたしには見えていました。
セトリに、つぎの曲moonlightと書いてあったのを。
まったく持ってレア曲ではないにもかかわらず、長い間聞けていないmoonlight。

いやー
わたしの人生そんな甘くはないようです!涙
フロアライブになったためか、moonlight→Start From Hereに変----更----!!

(゜Д゜)


でもフロアになっても、会場いっぱいのお客さんは笑顔なだけで誰ひとりとしてサークルモッシュすることなく…わたしはmoonlightなくなったショックで身体より脳内が廻る始末…!笑
わたしの友達のモティだけが「お前昔からの客やろ」的に乗せられてしまい、ひとりでイキオイよく廻っていました♪

最後のFill In The Blanksでモティ、わたしとユッコちゃんで最大3人というサークルモッシュが起きました。笑
ユッコちゃんと一緒にJJさんマイク奪いに行って、JJさんもいっしょににひとつのマイクにくらいついて、3人でガッツリうぉーおーおーおしました!
楽しすぎるwww

確かにわたしら3人のサークルモッシュ以外、誰も暴れなかったけど、わたしはフロア中笑顔に包まれたのを見たよ。
すっごいF.I.Bらしい、見送り方だったと思う。
グリピのためのライブでした。


グリピはメンバーが楽屋からステージに向かうとき、みんなで手でアーチみたいなん作って迎えました。
わたしの前にいたお兄ちゃん(カンクーンの人?)がしょっぱなから号泣してらっしゃいました。
ほっぺが涙で濡れてました。

何年か前、ちょうどF.I.Bと出会ったころに、滋賀かどこか見に行って
「対バンのこのバンド、Green peas Youngっていうんだけどかっこいいでしょ」
とライブ見ながら言われたときのこととか、ふと思い出しました。
わー本当にかっこいい!なんて歌に力のあるバンドさんだろう。と思ってた。
京都には誇りがたくさんあった。


アンコールでグリピはチョコソルのrememberを演奏しました。
しかも実はチョコソルもこの日、グリピの曲を演奏してたんです。
あとで知ったところによるとこれは口裏あわせなしだったとか!!
愛されてたね。お客さんにも、ほかのバンドにも。
さみしいけどフロアみんな笑顔で見送れたと思います。
これからの人生を考えた、前向きな解散でした。


しばらく物思いにふけっちゃったなー
大好きなことをやり続けるのも、自分の将来を考えるのも、とても大切なこと。
大好きなことで食べていければそれがいちばんなんだろうけど。
ちまちまバイトで働かなきゃ、好きなことも続けられない。
いつも必死で未来なんて見据えていられなかった。
何を犠牲にしてるかなんて考えたくない。


今年カナダいくチケット買うお金あるかな。
大好きな音楽に支えられながら、もう少しだけがんばってもいいかな。
わたしはシャチと人間との架け橋になりたかったんだ。
2010-02-22 : ライブレポ : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。