夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月27日(2015年最終日)

15092701.jpg


今期の滞在、最終日!
わたしたちは朝から荷造りに追われていました。


ラボの前には
150926_3.jpg
物憂げな表情のジョーイ三郎と


シーライオンから逃れて
15092702.jpg
入江でひとやすみする鮭。



※Pちゃんが鮭を見るなり荷造りの手を休めて柄つきのでっかい魚網を持って海岸に向かいましたが見事に逃げられました。



今年は忙しかったなあ、と荷物をまとめながら思いました。
ほんとうに忙しかった!


他の年ならシフトを外れてヘレナに与えられた別の仕事をすることが多いわたしも、今年ばかりは他の誰よりもシフトに入ってレコーディングしました。
よく考えたら後半は、通常2時間交代の夜シフトもなぜかわたしがひとりで午前0時〜午前6時までフルでやっていました。
でもそれくらいまでやらないといけないくらい忙しかったし、
ということはオルカがいっぱい来たということ!!




まだまだ、昔には遠く及びませんが
ここ5年くらいほんとうにいなかったオルカたちが、少しずつ戻ってきているのを感じます。
オルカが戻ってきてるのにスタッフはなぜか少ないままだから忙しいんですよね。笑
来年こそオルカラボボランティアのきびしい条件をパスしてラボにやってこれる人が増えますように!

(応募はたくさあるのですが適性があると思われる人がなかなかいないのです。日本からも面接したい人、募集しています。左のプロフィールのところからメールください)


7月だけだったけど、スプリンガーが帰ってきたり。
カートはいないけど、マイクがこのエリアに戻ってきたり。
咲のかわりに、4羽の子供達がにぎやかにラボ周りで遊んでいたり。


新しく仲間になった屋根修理のマークとベックが
リオ生き写しのジェダイ(犬)を連れてきたり。笑
15092703.jpg


A36sの兄弟はもうA46だけになっちゃったけど、
そんなA46がずっと仲の良かった大家族(A34s)に加わって、血の繋がった家族のように一緒に泳いでいたり。
15082803.jpg




さみしさを少しずつ優しい色のペンキで塗って消していくような、そんな年でした。



来年はどんなワクワクが待っているかな?




わたしたちのラストナイトは、スーパームーンでした。
赤い月が、どんどん光を帯びて。


15092704.jpg

15092705.jpg

15092706.jpg

15092707.jpg

15092708.jpg


この美しい自然の光景が未来へと続きますように。




今シーズンもおつきあいありがとうございました。
そしてまた来年も、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
2015-11-19 : オルカ : コメント : 5 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。