FC2ブログ
夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月8日

今日もI15sたちのコールをオールナイトで録音。
午前5時半にPちゃんに交代して、午前10時に起床したら


「トモコとモモコ、気分転換にタウンランに行きなさい。あなたたちはずっと海水風呂ばかり入っていたでしょう?アラートベイの家で真水のあったかいシャワーが浴びられるわよ」
と言われました。


わたし「何時出発?」
ヘレナ「20分後」
わたし「えっ」




いれたばかりの紅茶を置いて慌ててタウンランの準備!!
お財布、リュック、シャワーのための着替え…念のためにカメラも。
洗濯物とゴミとリサイクル品をまとめてどーーーんとボートに積み込みました。ま、ま、間に合った?


まず運転手ポールとわたしとPちゃんがジューン・コーブ号に乗り込みます。


15090804.jpg
ボートはゲストハウスがわに回り、本日島を出るゲストたちを乗せました。

WDCのウーラ。
ポールの孫とひ孫のハナ&インディのグループ。
ポールの娘ミローラ&孫アーウェン。
犬のロバ。


15090805.jpg
ボートの上の強い風に耐えるロバ(犬)




さらにオルカラボ屋根の修復クルーであるマークも乗せて、まずボートはCPへ。
CPでメーガンのお買い物リストと洗濯物を受け取り、CP沖で食事をするザトウクジラにバイバイしながら次の目的地、テレグラフコーブへ。

15090801.jpg


テレグラフコーブでポールの孫ハナのグループとばいばい。
ポールのひ孫インディちゃんは「トモコ、モモコ」とわたしたちにすっかり懐いてくれていたので寂しくて仕方ありませんでした…また来年必ず会おうね!!



ボートは今度は北へと向かい、マルコム島ソインチュラへ。

15090802.jpg

観光客精神まるだしのわたくしたち。
だってわたしはたぶん10年以上ぶり、Pちゃんは初のマルコム島!
いつも地図で見てるだけだけど、こんなところだったんだな〜
(フェリーが停まるところはもっと栄えているようです)


ここでミローラ&アーウェン、ロバ(犬)とばいばいして、
「次の停留所はアラートベイだよ!」
とポールが右手をあげました。
まるでバスツアーだ…。



15090803.jpg
KingFisherが飛び交う町、アラートベイ着。

午前中にラボを出たのにもうこの時点で午後2時近くになっていました。
ここで屋根修理クルーのマークをおろし、修理に必要な材料をオーダーしにいってもらいました。
かわりに本日から参加のアシスタント、クリスティーナをピックアップ。
クリスティーナは去年前半のアシスタントだったので、ラボに来てすぐ働ける貴重な戦力でもあります。



ボートは最終目的地のポート・マクニールへ!!
15090806.jpg



普段タウンランはアラートベイで行っているのですが、今回はポールの用事でどうしてもマクニールまで来る必要があったのです。
それにしても全行程が長い。


よく考えたらいれたばかりの紅茶もラボに置いてきてしまったし、朝からほとんど飲まずくわずで頭がクラクラしてきたわたくし。
「オルカラボでのスケジュールが読めないのは毎回のことなのだから、万が一のために飲み水くらいいつも準備しておくんだった…」
とぼんやりしながらも、他のみんなの助けもあってなんとかコインランドリーにたどりつきました。


コインランドリーに備え付けられていた自販機でお水を買おうとするも売り切れ、コカコーラも売り切れ、しょうがないからスプライトを購入したら炭酸が完全に抜けていました。
こういうときってこんなものか…。



コインランドリーで空いている洗濯機全て使ってもまだまだ残ってる洗濯物。
まず1回では終わらないので、最初の洗濯をまわして待っている間にわたしとPちゃんとクリスティーナは近くの大きなスーパーへ。
ラボで待っているチェルシーとキャト、CPのメーガンのお買い物リストもチェックしつつ…


あ、キャトを紹介し忘れていました。
ヘレナ友人の息子の妻であるキャト(本職・マッサージ師/エステティシャン)が2週間だけヘルプに入ってくれています。
先日のラビングビーチのものすごいカメラワークは彼女によるものです。


わたしたちがお買い物をしている間にWDCのウーラがほとんど全ての洗濯をやってくれていました!
ひとつ残らずきっちり乾かして、畳んで袋につめてくれていました。
もともとゲストなのに…ありがたい( ; ; )



さて、洗濯物と食料の買い出しを終えて、ウーラともここでお別れ。
ウーラはこの後もしばらく旅をしてから帰るそうでした。
「5週間の休暇だからね!」
と言ってたけど、ヨーロッパでは普通でも、日本じゃまずありえない長さの休暇ですよね。日本人ってなんでこんなに休みなく働いて狭い家に住んでるんだろう。



そんなわけで
ゲストがごっそり減り、アシスタントがひとり増えました。
帰りに再びアラートベイに寄って、マークと屋根修理材をピックアップして、オルカラボへ…。


夕焼けのジョンストン海峡、ラボに着く頃にはもう暗いんだろうなあ。
ジューン・コーブ号を運転しながら、わたしたちに1本ずつお疲れ様の缶ビールを渡してくれたポールがはっとした顔で言いました。


「しまった!そういえば君たちに真水の温かいシャワーを約束していたのに、全く時間がなかったね…」


えっと、ポートマクニールまで買い出しに出ることがわかった瞬間に「シャワーはない」ことがわかっていたので全然大丈夫です!!笑
わたしたちには海水風呂があります!!笑




わたしたちが缶ビールを飲み終え、ボートがオルカラボに到着したころにはあたりはすっかり暗くなっていました。



朝落ちて午後に復旧したインターネットは、夜に再び落ちました。
ほんと困った。
ふたりとも出かけていたおかげで日本語コメントはいっさいアップできなかったし、
exploreの正式アナウンスも待ってるっていうのに…。


わたしたちが出かけている間BiggsのT46BsとT60sがエリアをうろうろ、後はI15sがちょこっと出てきたくらいで他のオルカたちのニュースはありませんでした。


レジデントが少なくなると、ここぞとばかりにトランジェントが出てくるなあ。
普段は遠慮してるのかな。
なあんて思いながら、わたしたちは床についたのです…。




あ、本編とは無関係ですが
やっとブログがリアルタイムに追いつきました…。笑
ずっと3日間遅れでつらかったです。笑
これからはもうちょっと余裕持って更新していけるとおもいます。

いつもいつも読んでくださっている皆様ありがとうございます!!
スポンサーサイト
2015-09-10 : オルカ : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ろばちゃん
ロバちゃん可愛いな。

いつも忙しいなぁ。
でも、羨ましいぞ!がんば!
2015-09-12 00:19 : マキ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。