FC2ブログ
夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月13日

I15sは今夜も元気に「無口で」ブラックニー・パスを通過して北へ。
わたしたち、夜は寝てますのでオルカさんたちが鳴いてくれないと位置を把握することができません。
静かなI15sは朝になって北のブラックフィッシュ・サウンドで発見され、昼過ぎにオルカラボのほうへ近づいてまいりました。




15091301.jpg
毎日鳴き声は聞いていたけど久しぶりにオルカの姿見たなあ!
I15sのI76くんとI77くん
トゥギャザー


I15sがジョンストン海峡に入ってラビングビーチを通過して東に消えようとしたころ、またラボ前に群れが現れました。
全くコールがないし、ロングダイブしていたので

「トランジェントじゃない?」

ってみんな言い始めたんですが、それにしてはやたら曲線の多いレジデントっぽい背びれ。
後でよくよく写真を伸ばして見たら、背びれのてっぺんが曲がってるオスが…
150913G16s.jpg





これは、2010年のG16s/G31sの写真。
真ん中のオスはG39さん。
15091303.jpg
こいつかぁ〜!!


久しぶりにジョンストン海峡に来たのになぜI15sと一緒じゃなかったのか、なぜ全くコールを出さなかったのかわかりませんが、とにかく彼らはレジデントでした!!
そしてI15sの後を追って東へと消えて行きました。


ただいまオルカラボ日本公式のYoutubeアカウントを準備中です。
ブログにはいつもちょっとした写真しかあげられませんが動画もそれなりにあります。
もうちょっとで公開できると思います。お楽しみに☆
スポンサーサイト
2015-09-15 : オルカ : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。