夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月15日

ここを読んでくださっている皆様や、オルカライブを頻繁にチェックしている皆様はもうご存知だと思いますが先日公式に発表されました。

オルカライブは世界の動物中継サイト「explore」
http://explore.org/live-cams/player/orcalab-base
とのパートナーシップを得てグレードアップしました!!

稼働中だったオルカラボカメラの他に

⚫︎パーソン島カメラ
⚫︎CPカメラ(水上)
⚫︎CPカメラ(水中)
⚫︎ラビングビーチカメラ

の4つが一気にデビューし、exploreのサイトで全てをご覧になることができます。

15091503.jpg
explore - Orcalab Baseより


ひとつのカメラを選択中もほかのカメラをチェックできますし、サイト上でスクリーンショットを撮ってコメント欄に投稿できるようになっていますので、コメント欄を確認すれば見逃した時間帯の様子もわかります。

ぜひお気に入りに登録して覗いてみてくださいね!
ちなみにオルカラボでは水中カメラの光景をスクリーンセーバーがわりにしているスタッフ多数です。

15091502.jpg
explore CP-underwater cam


オルカやザトウクジラなど面白いものが近くにいなかったり、天気が悪かったり、夜で真っ暗な場合はexploreの他の生き物たちのチャンネルで楽しんでいただけるのでとってもおすすめです!!


ただ、アラートだけが問題なんですよね…。
北米の携帯にテキストメッセージで送信する形式なんですけれど
日本の携帯には対応していないっぽいので、来年のシーズンまでに何か考えたいと思います。



レジデントのいないオルカラボ周辺はトランジェントパラダイス。
朝からBiggsのT46CsとT59sがオルカラボの前を通過しました。
ちなみにT46Csは「サム」のグループですね。サムは2013年のあの事件のあと無事に家族と合流し、現在もお母さんと一緒に泳いでいます。


イシイルカを狩ろうとしていたけど逃したようでした。
トランジェントって1日じゅう獲物をさがしている気がします。
彼らもいつかごはんが食べられますよう

15091501.jpg



昨日北へと消えたレジデントのニュースはなし。
レジデントはいなくてもある意味オルカだらけのコアエリア。
このままトランジェント天国になってゆくのでしょうか。
どうなる?ブラックニー・パス。

スポンサーサイト
2015-09-17 : オルカ : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。