FC2ブログ
夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

8月27日

16082701.jpg
今日は2週間だけいたディラン(カナダ)が島を出る日!



というわけで、誰かが帰る時は恒例の集合写真を。
16082702.jpg


左上から
ヘレナとポール
ルーシー(イギリス)
チェルシー(アメリカ)
ローレン(イギリス)
メーガン(アメリカ)
ジェニファー(カナダ)
ミリアム(オーストリア)
キャト(カナダ)
リンダ(フィンランド)
ニコラス(ドイツ)

左下から
ともこ(JPN)
ディラン(カナダ)
キム(イギリス)
Pちゃん(JPN)
デブス(イギリス)

枠内(CP)
シャーリー(イギリス)
メーガン(存在感)



多い!!!!!



ディランが帰って、その2日後にはここから4人抜けるわけですが、
それだけ帰ってもまだ通常の年よりアシスタントの人数が多くなるように採用したのはexploreのカメラが増えたり、ザトウクジラの調査も加わったりで人手が必要だったからでもあります。


まあ多かったら多かったでいろいろありますが
(『だれ!こんなことしたのは!』『私じゃない』『私でもない』的な…)


(カナダ人以外は)遠い国からこんなところにわざわざこようと思って来ている人たちばかりなので、みんなそれなりに変な価値観、しっちゃかめっちゃかなグループでにぎやかでした。
さよならディラン、また来年ねー!!( ´ ▽ ` )ノ

16082703.jpg



んで夕方に、CPにいるメーガンから
「オルカたちがブラックニー・パスに向かっているよ」という情報が届いたので
マップルームにいたわたしはジャケットとカメラをつかんで1階に降り、現状を確認するためにラボに入るとわたしの姿を見たルーシーが

「もしかしてデッキに出ようとしているの?まだ本当に来るかどうかわからないのだから『準備のしすぎ』はやめてね。カメラを手にしないで、デッキに出てはだめよ!わたしたちはオルカを呼ぶハーモニカ(ディラン)を失ったばかりなんだから!」
 

コテンパンに叱られました!!!

 
うわああああんと泣きながら(笑)言われた通りにマップルームに戻って待機してまもなくデッキから
「オーーーーーーールカーーーーーーーー!!」
との叫び声が!!笑
なんでオルカが来るかこないかがわたしの準備に左右されてるの!笑


この「調査」とはほど遠い茶番劇でみんなでひと笑いしたあと、きっちり気分を入れ替えて仕事モード。
I15sは向こう岸ぞいにオルカラボの前を通過して、北へと向かって行きました。

16082704.jpg



北に抜けたI15sはそのまま反時計回りにハンソン島をぐるり。
ウェイントン・パスからジョンストン海峡に戻り、A30sと合流して東へ。
日付が変わってもロブソンバイトからは美しいコールが聞こえていました。
スポンサーサイト
2016-09-01 : オルカ : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索