FC2ブログ
夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

9月4日

CPふつかめ。
といっても今日はラボに帰る日。


朝はちょっと曇っていて寒かったです。
わたしたち女子、朝は甘い物が食べたい!ということでポレッジを炊き、デッキに運んで海を眺めながらバターとブラウンシュガーを乗せて食べました。
ぶるぶる震えながら、飲み物は温かいホットチョコレート。
これ以上の贅沢ってあるでしょうか。


午前10時頃、酔っ払ったボートベイパーティー組が生体保護区監視ワーデンのゾディアックに送られてCPに帰ってきました。


16090404.jpg
寒さと眠気と二日酔いで死にかけになっているボートベイ帰りのみなさまとわたくし

「カメラを構えている限り自分はかやの外だけど、自撮りすれば自分もその思い出の中に写りこめるんだよ!」という自撮り王ニコラスの強い勧めを思い出しました。





しばらくして「オルカたちがCPへ向かっている」とのレポートでわたしたちは一気に仕事モード。
どうやらビッグスらしい。


T101(ワン・オー・ワン)さんたち!
16090401.jpg

16090402.jpg

オスが3頭と背びれがとがったお母さん…って、まるで在りし日のA36sとA12さんみたいじゃないですか。(3兄弟の実の母A36さん、ごめん。A12ばあちゃんと一緒にいたときのA36sのイメージのほうが強いんだ)


かっこよくてちょっと泣きました。笑
今まではレジデント優先だったけど、もっとトランジェントたちのことも学びたい!!

T101さんたちはバンクーバー島沿いに東へと向かって行きました。




昨日「オルカ以外の見たいものは全部見られた!!」と騒いでいたわたくしたち。
オルカたちの登場により、なんとCPで見たかったものリストがコンプリートされてしまいました!!
こんなことって。笑


16090403.jpg

デッキで喜ぶわたしたちをトドが横目で見ていました。
うるさかったかしら


そしてBack to Orcalab!!


同じタイミングでレジデントもジョンストン海峡に戻ってきました。
北から戻ってきたA30sはウェイントン・パスを通過してジョンスン海峡に入り、いったん西のビーバー・コーブに向かいましたが夕方になって方向を変え東へ。
そして午後8時半にはロブソンバイトに到着し、日付が変わってもロブソンバイトで美しいコールを響かせたのです。

スポンサーサイト
2016-09-09 : オルカ : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

T101
T101・・・かっこいい。涙。

あと、毎度毎度おいしそう過ぎる。
2016-09-13 15:18 : マキ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索