FC2ブログ
夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

9月5日

A30sはロブソンバイト〜ラビングビーチエリアでコールをぽつりぽつり。
5時前にようやく静かになりました。


わたくしとルーシー(イギリス)は午前6時からシフトで、ラボ前に浮かぶトドたちをぼんやり見ていたのですが、彼らが突然パニックに陥ってぴゃーっと泳ぎ始めたかと思うと…
16090501.png




ビッグス(トランジェント)登場!!
16090502.jpg



トドたちにはどうしてトランジェントが来たことがわかるんでしょうね?
レジデントの場合はのびのびとしてるのに。


この3頭のビッグスは背びれにこれといった特徴がなく、写真も少なかったので個体識別ができませんでしたがどこかの群れの一部ではないかと思われました。



そしてラボ前の海岸にはクロスビル(イスカ)さん。
オスとメス。すてき
16090503.jpg


私はてっきり、この鳥はぼっくりなどの実しか食べないと思っていたのですが、海岸で必死に何かをついばんでいました。こういった鳥が食べるものが海岸にあるなんて意外!!


3頭のビッグスが北へ行ってまうと、また東から別のビッグスがやってきました。
こちらはウオッチングボートに乗っていたカメラマンたちの写真によってT2B、T60Dと識別されました。


A30sが東から戻ってきたのは16時すぎ!
ラビングビーチの水中カメラの前を通過すると西へ。
せっかく戻ってきたのに20時になるまえにコールは途切れ、彼らは西へ、そしてウェイントン・パスへと向かっていったようでした。
スポンサーサイト
2016-09-11 : オルカ : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

好き
小鳥カワイイ。
カワイイ。

トランジェントの香り、とかあるのかしら?
2016-09-13 15:20 : マキ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索