FC2ブログ
夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

9月8日

午前0時、全てのオルカたち(A30s、I15s、I11s、G2s、?他G12ポッド)はロブソンバイトへ。
しばらく美しいコールを響かせ、Gクランの一部はラビングビーチまでゆき、午前3時頃にいっせいターン。

午前4時前のA30sを先頭にぞろぞろ皆様オルカラボの前を通過して北へ。


Gクランの皆様はそのまま北へと消えて行きました。
I15sは帰って行くGクランのお見送り。
A30sはウェイントン・パスを通過してジョンストン海峡に戻りました。


16090802.jpg
とうとう本日からシーライオン(トド)たちがハンソン島のシーライオン・ロックに上陸!!まずは30頭目撃されましたが、これから日に日に数が増えて行く予定です。



さて今日は「オーカイブ」のスティーブンとダンダンさんが帰る日。
ポールとヘレナも用事で一緒にラボを出て、わたしたちは数日間お留守番をすることになりました。


みんなの準備ができるまでの間、ぴかぴかのジューン・コーブの舳先で太陽の光を浴びるメグちゃん(アメリカ)。マーメイドかとおもいました。
16090801.jpg



夕方になって、今シーズンの仕事を終えたボートベイのみんながラボ見学に訪れました。
冬の間ラボの留守番をしたことがあるマリーが全て説明してくれたのでなんの手間もかかりませんでした。

でもマリーから気になる情報を教えてもらいました。
「例の2頭のグリズリーベアは今日プランパー島で目撃されたらしいわ」


(スタッブス・アイランド・ホエールウオッチングのFacebookより)


プランパー島はハンソン島北西部にある小さな島のひとつです。
ってかほとんどハンソン島みたいなものです。まだこんなに近くにいたのか…。
マリーが言うには母親のほうのグリズリーもまだ若そうで、食べ物をとるためにどうしたらいいのかわかっていない様子だとか。海岸に出て小さな生き物を食べている様子だとのことでした。
しかしプランパーみたいな小さなところにいったい何の食べ物があるというのだろう…。
申し訳ないけど、こっちには来ないでねクマさん。




CPにいるリンダが帰国するため、ルーシーがかわりにCPへ。
ポール、ヘレナ、ルーシーがいなくなって私たち(ともこ、P、キム、メーガン、ジェニファー)は5人で生きのびなくてはならなくなりました!!
オルカラボアシスタントの中ではわりと常識ある(…と自分で思っている)5人。
仕事はなんとかなってもボートを運転できる人はおらず、危険を知らせてくれる犬もいない。
全員海外携帯なので、もしインターネットが落ちれば連絡手段は無線のみ。
すぐ近くには2頭のグリズリーベア。

果たしてポールとヘレナが帰ってくるまで無事でいられるのでしょうか。
乞うご期待!!
スポンサーサイト
2016-09-13 : 未分類 : コメント : 1 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ドキドキ
ドキドキ過ぎる。。。。。。
2016-09-13 15:24 : マキ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索