FC2ブログ
夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月9日

留守番初日。

昨夜、北へと消えていたはずのA30s。
午前9時30分ころ、突然ロブソンバイト近くから西へ向かっている彼らのコールが聞こえ始めました。夜の間にコールを出さずにジョンストン海峡に戻っていたようでした。

A30sは西へと進み、ブラックニー・パスの方に方向を変えて、午前11時21分にラボ前に登場!!



きっとみなさん、それぞれのカメラにひとつずつモニタがあると思っていらっしゃいますよね…。
オルカラボでは現在9個のカメラをひとつのパソコンで切り替えながら操作しているのです!
パソコンの台数を増やせばいいと思われる方もいるかもしれませんが、やっぱりここは離島。
このネット環境ではカメラ操作用のパソコンを1台つなぐので精一杯なんだそうです。
みなさんはHD環境でご覧になれますが、配信している側のこちらの環境では360pくらいの荒い解像度しかカメラを使えず、必死になって画面の中の背びれを探しています。




だけどポA30sだけなので慌てず騒がず…
携帯のグループチャットでラボメンバーとCPに連絡。
カメラのウィンドウを2つあけてパーソンアイランドカメラとオルカラボカメラを同時に操作。
マウスは右側にあるのですがいったん左手でマウスをホールドしながら右手で自分のカメラを構えてブログ用写真を撮影。同時にA72-Bendさんを確認してA30sであることをダブルチェック。
すきをみて英語&日本語SNSも完了(オルカラボのアカウントでログインしているパソコンとiPadでは日本語が入力できませんので、日本語コメントのときは自分のパソコンを立ち上げて入力)。
その間コールを聞き分け、レコーディングとログブックへの記入も同時進行で。
動くオルカたちを追うマウスを右手で操作しつつ左手でログブックに聞こえているものを記入(普段は右で書いていますがもとが左利きなので、左でもいちおう読める字が書けます)。







このときラボ内からガラスごしに撮影した写真
16090901.jpg



わたしは思いました。
「野球はひとりでもできる(by 江夏豊)」



…ってなんでやねーん!!笑
頑張っていろいろやったように見せかけて書いてますが、残念ながら18年目のアシスタントはこれくらいできないとクビです。笑
オルカが来た時のラボ内はこれくらいやることが多いのです。
普段はポールとヘレナもいますし分担してやっていますが、どうしても間に合わないときもあり…。


普段オルカラボコメントのアップデートが遅れたり、exploreのカメラ操作がうまくできなかったりするのは
(英語コメントだと「カメラオペレーター、もうすこし右にパンして!」などという書き込みをよく見かけます)
こういったことによって生じていると思っていただけると、わたしたちもちょこっと気持ちがラクになります(^人^;)


有料サイトならもっと人材も設備も整えてできるのかもしれないですけど、
オルカライブ(explore)はやっぱり無料で世界中の人に楽しんでもらうことが最優先です。
無料だと中継を見るためのハードルがうんと下がります。
普段都会で暮らしている人が、自然や野生動物に興味を持つようになる入り口になれたらいいな〜



午後はPちゃんが6時間シフトについていたので、わたしはキムとジェニファーに手伝ったもらってキャンプキッチンの片付けをしました。
キャンプキッチンも今シーズンの役目はおしまい。
9月に入りこれからどんどん寒くなるのと、もう今シーズンのプライベートゲストは来ないのでわたしたちはゲストハウスに食事の場を移しました。


16090902.jpg
ありがとうキャンプキッチン!また来年♩


と、こんな感じで留守番初日も無事に終わると思ったのですが
夜になって、発電機が勝手に停止しました。


オルカラボの電力はほとんどソーラーパネルで発電していますが、
今年カメラの台数が増えたこともあって、天気の悪い日や夜は1時間くらい発電機をまわして蓄電しています。その発電機が停止しました。

Pちゃんがポールに問い合わせたところ
「エンジンオイルを足してみて」とのこと。
なんか嫌なデジャヴが…。


というわけでまたしても雨の夜のエンジンオイルの悪夢再来。
16090903.jpg
手をどろどろにしながらオイルを足すPちゃん


読んでも楽しくないので省略しますが、この発電機はオイルを足すのが簡単な形にはできていなくて、かなり悲惨な思いをしながらなんとか足すことができました。来年は道具を持ってこよう。

ってか中のオイルの色が松崎しげるさん…。
本当は足すのではなくオイル交換したかった…(その後ポールに「オイル交換して!」と強く訴えました)。

※オルカラボアシスタントの仕事はバラエティに富んでいます。




今日はCPの水中カメラが汚れていた(中央の茶色)のですが、
思いがけないお方がカメラ掃除をしてくれました。
16090906.png


画面いっぱいに映る緑色のウニさん。
中央はお口です。
16090904.png



ウニさんが通り過ぎたあとはカメラがぴかぴかになり、
泳ぎ去るトドたちの姿がきれいに見えました。
16090905.png



緑色のウニさんありがとう!
ラビングビーチのカメラも物凄く汚れてきているのでクリーニング・ウニ部隊を派遣できたらなあ。笑
スポンサーサイト
2016-09-14 : オルカ : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。