夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月11日

夜の間、A30sは東に行ってくれました!!

久しぶりに6時間寝たら身体がギシギシ。
これは寝すぎなのでしょうか。オルカたちがエリアから離れないおかげで、だいたい2時間ごとに起きるのが定番になっていた今日この頃。


13時ころに北西のLedge Point(ポートマクニール)沖にいるビッグスの目撃情報が入ってきたくらいで、レジデントはいなかったので、わたしとPちゃんでラボを見ることにしてジェニファー、キム、メグちゃんをハイキングに送り出しました。
オルカラボの仕事が異様に好きなわたしたちと違って、他のみんなは時々こういったリフレッシュが必要でしょう。Pちゃんはサウナファイヤーに火を入れみんなにシャワーまで用意してあげていました。


オルカがいなくても鳥たちがわたしをときめかせてくれます。
16091102.jpg

16091103.jpg



その間にやらなきゃいけないアップデートをしたり、ドキュメンタリーDVD用の映像を分類しはじめたり、聞かなきゃいけないレコーディングリストをピックアップしておいたり…
なんでこんなに時間が足りないのかわかりませんが、睡眠時間削っても食事時間を削っても仕事だけがたまっていきます。身体がみっつほしい。



ラボすぐ近くにザトウクジラ(リッジさん)が出たり。
気持ちのよい晴れの日でした。
16091101.jpg



そして夕方5時前にA30sが東から戻ってきました!



彼らはゆっくりと西へ進み、午後10時にはCP沖、そこからまたうろうろして日付が変わる前に彼らはブラックニー・パスの入り口まできました。
わたしは疲れのためか突然出てきた謎のジンマシンと戦いながら何度も寝袋から出て録音の状況を確かめました。
(ジンマシンは抗ヒスタミン薬を飲んだらすーっと収まりました)。
A30sはブラックニー・パスの入り口までは来たもののすぐには入ってきませんでした。
次の日へ続きます。
スポンサーサイト
2016-09-16 : オルカ : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。