FC2ブログ
夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

9月12日

午前0時。

A30sがブラックニー・パスの入り口まで来ていたので、キムに録音をしてもらいわたしはデッキに出てブローを待ちました。
午前1時ころ、一瞬ふたつくらいのブローが入ってきたのが聞こえたのですが、なぜかブロー音は北へと向かわずに途切れ、A30sの行方はわからなくなりました。


午前3時。
シフトが終わったキムが寝に行く音が聞こえたので、起きていたわたしは寝袋から這い出して水中マイクのセッティングが初期状態になっているを確認し、オルカラボコメントなどのソーシャルメディア・アップデートをし、録音が終わったSDカードをレコーダーから取り出しハードディスクにダウンロードして、また寝袋に戻ろうかと思ったところで…聞こえてきたのは、ザトウクジラのコール。


なんてこったいと思いながらしばらく録音。
すると録音をやめようと思った午前4時前に、A30sのコールがFIの水中マイクから聞こえてきました。
やっぱり北に抜けてた!


A30sの行方がわかりましたがザトウクジラはコールをやめず、午前4時半までおつきあい。
寝袋に入ったのは午前5時、眠りについたのは午前6時でした。
寝てない自慢はしたくないのですが、ここまで寝られないのがオルカラボであることも知っておいていただけると、ボランティアできたときに受けるショックも少ないかも…。
昨日の睡眠貯金が消えました。とほほ


そして午前9時半に元気に起床。
北から戻ってきたA34sとA46がブラックフィッシュ・サウンドでコールをあげ、ウェイントン・パスを痛してジョンストン海峡に戻ってきたI15sとGクランの一部がCRPTの水中マイクで元気にコールをあげてくれたからです!
A34sとA46!!!!!おかえり〜!!!!!



しかしA34sとA46はオルカラボのほうに降りては来ず、I15sとGクランの群れだけが東へと進みました。
お昼頃に何頭かラビングしてそのまま東へ。


そのころオルカラボ前ではカマイルカ(手前)とトド(奥)が魚を食べるのに必死になって飛び回っておりました。
16091202.png

16091201.png
カマイルカの水しぶきってキレイ。



そして午後19時39分のこと。
コールも出さずにラビングビーチ沖を通過するオルカの姿がラビングビーチの水中カメラに映し出されました。I15sとG12ポッドの一部らしきGクラングループだと思うのですが、
その中に、あごに何か模様のあるオルカが…。


16091203.png
(explore - Rubbing Beach Underwaterのスクリーンショットより)

カメラ汚れていて画像ぼんやりでごめんなさい。
のちにヘレナに確認したところ「ちょっと赤いようにも見えるから、もしかしたら怪我かも」とのこと。
背びれとサドルパッチもクリアではなく、どの個体かはわかりませんでした。

I15sとGクラングルーブはいったんロブソンバイトまでやってきましたが、午後11時すぎにまた東へとターンして日付が変わった頃には静かになったようにみえたのです。
スポンサーサイト
2016-09-16 : オルカ : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索