夏になると、野生のオルカが鮭を追ってたくさん集まってくる、カナダ、BC州のジョンストン海峡。その中でも、オルカが特に頻繁に通過するハンソン島から、毎日の生活とオルカの様子を、日本の皆さんにお届けします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月17日

午前6時35分、I15コールズオンLL。
飛び起きてラボに突入、録音開始!!
I15sのI16sとI27sと思われました。

彼らはいったんオルカラボの前に登場したはいいものの、方向を変えて北へと戻って行ってしまいました。
そして午前7時すぎ、今度はA30sとI4sと思われる残りのI15s、I11sとG2sがウェイントン・パスを通過してジョンストン海峡入り。

午前9時20分ころには先頭グループがラビングビーチ沖を東へと通過、他の群れも次々と東へ向かっていきました。
一方、北へ戻って行ったほうのI15s…I16sとI27s(プラスI65s?)はマルコム島沖を西へと進み、こちらに戻ってくることはありませんでした。

「とうとうI15sが分裂したのか…?」
とちょっと思いましたが、おそらく去年もそうだったように彼らはエリアを広々と使っているだけでした。わたしたちにとっては遠い距離でも、彼らはお互いのコールが聞こえるんでしょう。



お昼ころにわたしとジェニファーは、9年前のプロジェクトを思い出しゲラゲラ笑っていました。
9年前、ともこ、桃子(杉浦のほう)、ゆみの日本人3人はオルカたちがラボ前を通過するたびに忙しく個体識別をしていて、それを見ていた9歳のジェニファーは
「私は森にいるすべてのバナナスラッグ(なめくじ)の個体識別をする!」
といって巨大なめくじの写真を撮りまくっていたのです。


バナナスラッグはまあ、かわいい奴らですが仮に触ってしまったりしたらヌルヌルがそう簡単には取れないし、やっぱりなめくじなのでほとんどの人は「うっ」と感じると思うので画像は載せません(気になる人は「Pacific banana slug」で画像検索してみてください…)


「模様が1匹ずつ違うから個体識別はできるしても、なにせ森のそこらじゅうに生息しているし寿命も短かいだろうから一度見たやつにまた出会えるかなんてわからないよ」
とわたしが言ったので、ジェニファーは
「寿命って1年未満ってとこかしら?調べてみましょ」
と言って検索してみたところ…


「最高で5年生きるって」



「そしたら夜中森を歩いていてなんかぐにゃっとしたものを踏んで、懐中電灯で照らしてみたら『ああ!今年5歳になったBA1265を踏んで殺してしまった!』なんて事態が起きるかもしれないのか…」

あんななめくじでも5年も生きた歴史をもっている個体がいるなんて。
甘く見ていてごめんなさい。これからは森に住むさまざまな命のひとつとして、なめくじたちの存在もしっかり尊重します。

でも個体識別カタログはやっぱりいらないや…。





朝からずっと雨でしたが、午後は少し空が見えました。
16091702.png

でも空が見えても雨は降り続きました。
そしてかすかな虹が見えました。

16091703.png

雨って綺麗。
ずっと眺めていたくなるような光景でした。


東に行っていたオルカたちは午後になって方向を変えて西へと戻ってきました。
そしてディナータイムになりオルカラボの前を通過して北へ。
16091701.png


G2sとI15sのI4sを先頭に、I11sとA30sもオルカラボの前を通過して北へと向かいました。
Gクラングループのコールはすぐに聞こえなくなりましたがA30sのコールは日付が変わるまでFIの水中マイクから聞こえていました。
スポンサーサイト
2016-09-21 : オルカ : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Tomoko(Orcalab Japan)

Author:Tomoko(Orcalab Japan)
カナダ・BC州の海洋生物研究所「オルカラボ」で、野生オルカ(シャチ)の鳴き声の解析スタッフをしています。
夏の間は研究のためオルカラボのあるハンソン島に滞在。日本ではよくライブハウスにいます
メールはこちら

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。